結婚7周年銅婚式~四つ葉のクローバー~

ハートの組み合わせ


きっかけは、結婚7周年で何か記念に残るものを探していたところ、WEBから緋銅を知ったそうです。

そこで、ご家族で工房に来てくださり、緋銅の作品を見ていただきました。

 

アクセサリーではなく、飾れるものが良いとのことで、打ち合わせが始まりました。

デザインは決まっていませんでしたが、過去にブログでご紹介させていただいた物語の作品のようなのを、ご要望されました。

緋銅の作品の中から、ハートのモチーフを気に入って頂きました。

ハートを4枚合わせた「四つ葉のクローバー」を、額に入れて飾ることになりました。

 

通常のプレートは、金具を取り付ける為に穴を1つ開けています。

でも、構造状、左右に穴が開いているプレートが理想という事になり、新たに制作することに致しました。

 

1枚は、平面で「7th」と打刻します。

残りの3枚は、立体的に膨らみを作ります。

4枚を合わせると、四つ葉のクローバーとなる作品を作ります。

制作見本

打ち合わせも終わり、制作の段階となったのですが、ひとつだけメールにて確認をさせて頂きました。

その時のやり取りで、使用した写真です。

 

緋銅のハートの作品の形状は、Aのものでした。

打ち合わせの時に、おふたりが描いていたデザインを基に制作したのですが、よくよく眺めると、ハートの形状に違和感がありました。

 

そこで、ネットにあるイラストを引用して、メールに添付して確認を取りました。最終的には、Bを成形してデザインを共有することができました。

 

打ち合わせで、デザインについては確認をしているのですが、このように制作の段階で、疑問を感じてご連絡をすることがあります。

 

Bのデザインと決まり、これで心置きなく制作に意識を集中することができました。


緋銅を額に入れて飾る

四つ葉のクローバー
四つ葉のクローバー

四つ葉のクローバー
四つ葉のクローバー

制作は、各工程ごとに確認をしながら進行しました。

例えば、左右の穴の位置決めでは、実際にピンを刺して安定性を確認しました。

最後の行程の火入れでは、最高ランクの鮮やかな緋色にするために、失敗もありました。

 

それでも最後まで自分に妥協することなく、納得できる作品をお渡しできたのは、託してくださった方のお陰です。

正直、納得以上の素晴らしい仕上がりとなりました。

おふたりにも、とても喜んで頂くことができて、またひとつ成長させていただきました。

 

結婚7年目の結婚記念日は、銅婚式と呼ばれ、「家族、財産の安定を銅に例えて」という意味が込められています。

銅に関連するものを贈りたいと考えている方に、緋銅を選択して頂けることは、本当に光栄なことです。

今後も、結婚7周年銅婚式を緋銅の作品を通じて、自由な発想で思い出を創ることをご提案していきます。

RINPLA

RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00

予約優先

携帯電話

090-6475-5536

 

工房にお越しになる際には、事前にメールまたはお電話にて、問い合わせ・ご予約をお願い致します。