婚約指輪で伝えたいこと。

結婚へのお互いの意思表示


普段、電車に乗っていると婚約指輪をしている女性を見かけることがあります。
女性が左手の薬指にある指輪に視線を落としている瞬間に出合うと、やはり婚約指輪はあった方がいいなとしみじみ思います。

幸せになってくださいね、結婚指輪は手作りを選んでくださいね、と心の中で願っていたりします。

 

最近では、婚約指輪はいらないという女性もいたり、婚約指輪と言えばダイヤモンドを贈らないといけない、婚約指輪は一緒に選びたいなど、色々あるそうですが、そもそも婚約指輪の役割って何なのか?手作りする理由って何なのか?
形式的なもので無難に済ますのではなく、これからの結婚に向けて喜びを増やす婚約指輪を考えて欲しいと願っています。

お互いの価値観

男性は女性に対して、とても優しい方が多い。「彼女が喜ぶ姿が見たい」、「自分の気持ちを伝えたい」など、真っ直ぐな想いを持っています。

反面、心の中は「もし、気に入ってもらえなかったらどうしよう」と不安な気持ちもあります。

婚約指輪を選ぶ選択肢で、選びにくいのは手作り婚約指輪だと考えています。

その理由は、この世に存在していない見ることができない状態だからです。

当然、デザインを考えるのですが、そこに必要となるのがコンセプトなのです。

このコンセプトを考えるという作業で、まず自分自身が試されます。そこで選ぶ選択肢で自分の価値観を意識することができます。

自分で手作りしたいと本気で考えている人は、何かしら自分にとって大切な価値感が一致しています。

だから、その時間は自分自身にとっても楽しいものであり、完成した婚約指輪の喜びを相手に伝えること、自分の想いを伝えることは、とても自然で簡単な行為となるのです。

婚約指輪を手作りすることで、自分自身がプロポーズに対して、結婚に対して前向きな姿勢に繋がっていきます。

喜びの反対は悲しみ

ここで言う悲しみとは、結婚したことを後悔したり、離婚をすることです。

プロポーズを決心する男性は、自分で決める人もいれば、彼女から求められる人もいます。
もちろん、相手を愛しているからプロポーズするのですが、今は、素敵な彼女でも、自分がこの先思いやられるような小さな不安のたねがあるのなら、早い段階で解消しておく必要があります。

女性にはプロポーズや婚約指輪には憧れをもっている方も多いでしょう。特に一生に一度のイベントですから、後悔したくないという気持ちも理解はできます。

ウエディングドレス、結婚式、披露宴、新婚旅行、新居とこの先も色々あるのに、結婚前の婚約指輪も加えられたら、男性の喜びはどこにあるのでしょうか。

 

自分で婚約指輪を手作りすれば、お互いの価値観が明確にわかると思います。

もちろん、相手との思い出、大切にしていること、好きな所など、これまでのお付き合いを振り返り、自分の想いや、相手の気持ちを考え、一生懸命作り上げた指輪は、とても愛着のある最高のギフトになります。

 

それを受け取った彼女の態度次第では、男性は結婚後の生活のイメージができると思います。
これからは自分の喜びも悲しみも、幸せも苦しみも、ふたりのことになっていきます。

男性は婚約指輪をどんな風に相手に使ってもらいたいと思い、贈りますか?

毎日肌身離さず身につけて欲しいですか?普段は身につけなくても、特別な時は身につけて欲しいですか?

身につける彼女の意思に任せますか?


婚約指輪は、単に彼女だけが気に入れば良いというものではないと考えます。

まずは、自分自身が納得できる婚約指輪を選ぶ方法を知るべきです。

だから、婚約指輪は無難なものや、その場の勢いだけで選んではもったいないのです。

また、手作りすれば想いが伝わるという考えは浅はかです。

 

慎重になれば良いというものではなく、自分の創造力を信じてください。

人は誰でも、アーティストの一面を生まれ持っています。その感性を思い出してください。

そこに、喜びのたねがあるのです。

 

婚約指輪を選ぶという時間が、相手のことをあらためて知るきっかけにも繋がります。

自分の気持ちに向き合い、その想いを伝えるギフトになります。

婚約指輪の役割は、婚約~結婚までお互いが幸せな中で、物事が自然に無理なく、流れていくためのひとつのラッキーアイテムだと考えます。

 

婚約指輪の打ち合せはいつでもお受けしております。

制作前の打ち合せが大切なので、通常は初回は打ち合せだけをおすすめしています。

なので、婚約指輪を手作りしたいと思っている方は、まずはお気軽に打ち合わせのご予約をしてくださいね。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。