緋銅オーダー作品「鼻ピアス」

初アイテム作品


鼻ピアスの作品を作るきっかけは、「緋銅で鼻ピアスを作れますか?」というお話からでした。

鼻ピアスは知っていましたが、実物は見たことはなく、扱った経験がありません。

 

工房での打ち合わせだったこともあり、ご本人から鼻ピアスについて色々お伺いすることができました。

また、サンプルとして鼻ピアスを提供してくださるとのこともあり、挑戦してみようと引き受けることにしました。

制作前の準備

鼻ピアスのサンプルは、樹脂素材の2種類です。

ポストの長い赤い色の鼻ピアスと、ポストの短い透明の鼻ピアスです。

 

どちらも、ポストの形状はストレートです。

この位の長さがあると、落ちないとのことでした。

銅の鼻ピアス

一般的にピアスを制作する場合、トップとポストは別々で、トップを作り、既製品のポストをろう付けして完成となります。

しかし、緋銅の場合は、ろう付けができないため、この方法では作品を作れません。

 

そのため、銅の塊から削り出す方法がベストということになりますが、現状の銅板では厚みが足りず、使用することができません。

新たに銅板を購入するのはリスクが高いため、今ある素材を上手く利用できる方法を考えました。

角棒に加工する

銅を溶かして角棒を作るという発想もありますが、懸念することもあり別の方法を考えました。

まずは、焼きなましして金槌で叩くことを、繰り返しながら、角棒を作りました。

銅の塊から削り出す

角棒の状態から、ヤスリで削りながら、鼻ピアスの形状を作ります。

作品が小さいため、バランスが崩れないように、しっかりと固定をしながら、慎重に削っていきます。

 

特にトップとポストの接続する部分は、「Y」ではなく「T」になるようこだわりました。

最初は、赤い色の鼻ピアスのポストの長さに合わせ、太さは1.0mmにしました。

最初の試作

最初の試作では、工程を考えたり、過程を記録したり、手探りの中で制作を行うため、時間がかかります。

試作1本(火入れ前)を制作するのに、1日費やしました。

緋銅の結果

翌日の午前中に、作業再開。

火入れをして、緋銅にします。

 

作品を火の中へ、タイミングを見ていた一瞬の隙に、線香花火のようにポトリと水溶液の中に落ちました。

これは…。

 

この結果について、LINEでご報告をしました。

「素敵です。」
「完成するのが楽しみです。」

 

失敗に終わりましたが、その時の感覚は悪くありません。

このメッセージに励まされ、気持ちを入れ直し、2回目の制作を開始します。

作品作り1回目

2回目は、3つの作品を制作しました。

そのうち1本は、オーダーにはなかったデザインを制作しました。

その理由は、制作の過程で、偶然三日月の形になったため、直感で作品に加えたいと思ったからです。

2回目制作の鼻ピアス

三日月だけ、縦と厚みのサイズが大きくなりました。

LINEで過程を報告すると、鼻にはちょっと大きく、3mm位が理想とのことでした。
でも、「平気です。」とのご返事を頂き、制作を続行しました。

緋銅の鼻ピアス完成

今回は、溶ける前に見極めることに注意して火入れを行いました。

1本目は、離すタイミングが早過ぎて…失敗。

 

2本目は、初めて成功します。

そして、3本目も続けて成功しました!

遂に、緋銅の鼻ピアスが完成しました。

完成した緋銅の鼻ピアス

作品作り2回目

1回目は、赤い色の鼻ピアスをサンプルに制作しました。

2回目は、透明色の鼻ピアスをサンプルに制作しました。

この違いは、ポストの長さです。

 

成功できたこと、これで制作は最後ということもあり、作品を4本に増やして制作開始です。

最初と比べると、作品作りは慣れてきましたが、その分、細部までこだわるようになり、結局3日間を費やしました。

これが緋銅の難しさ

成功は、1本という結果でした。

1本目の失敗は、仕方がないと割り切ることはできます。

 

しかし、2本目の失敗、3本目の失敗と、失敗が続くと精神的ダメージもまた大きくなります。

追い込まれた状況で、4本目を成功させることができました。

 

緋銅では、過去に同じような状況は何度もあり、それを乗り越え経験値を積み上げてきました。

でも、2本は成功するだろうと考えていただけに、鼻ピアスは火入れが難しいです。

成功した緋銅の鼻ピアス

今後の課題

今回のオーダーで、3つの鼻ピアスの作品を無事に納品することができました。

しかし、この後に気になるのが、実際に着用したときの感想です。

 

そこで、新たな課題が見えました。

・三日月の厚みが少し厚い

・ポストが少し長い

・ポストが少し太い

・鼻に黒い跡が残る

 

今後の作品は、寸法を改善して制作します。

黒い跡については、緋銅の酸化被膜が落ちたことが原因に考えられます。

また、酸化被膜が落ちる原因についても考えていきたいと思います。

納品した緋銅の鼻ピアス

まだ鼻のホールが安定していないにしろ、ポストの形状が原因で化膿されたとのことで、本当に心から申し訳ない気持ちでした。

でも、化膿したところは、薬で早々に完治されたとの報告に安堵しました。

 

ピアスホールが化膿するのは、耳の部位ではよくあるトラブルでした。

今後は、この事例を事前に説明をしようと思います。 

 

また、その後もご本人さまは緋銅の作品を気に入って使ってくださっているので、引き続き、ご意見をお伺いしながら良い作品作りをしていきたいと思います。

ご紹介コーナー

今回、鼻ピアスをオーダーしてくださったのは、梁山泊5丁目姉ちゃん(LINEの名前)さまです。

旭川市で居酒屋を営んでいます。

とても素敵な方なので、ぜひお店に立ち寄ってみてください。

 

【梁山泊5丁目店】

住所 〒070-0033 北海道旭川市3条通5丁目左1

電話 0166-24-4184

営業時間:月〜土 17:30〜翌3:00 / 祝日: 17:30〜24:00

定休日:日曜日 

RINPLA

RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東4-20-2 大仙第二ビル3階A

受付時間 10:00~21:00

予約優先

携帯電話

090-6475-5536

 

工房にお越しになる際には、事前にメールまたはお電話にて、問い合わせ・ご予約をお願い致します。