緋銅作品テーマ『いつか必ず』鎚目クロスペンダントネックレスの誕生ストーリー

緋銅作品の価値


緋銅作品の価値は、銅の中に秘められている緋色を、どれだけ引き出すことができるかで決まると思っています。

鮮やかな緋色は、いつ、何時、眺める度に、魅了されるほど美しさを感じるからです。

しかし、そこに辿り着くには、決して容易なことではありません。

 

今回のオーダー作品は、鎚目クロスペンダント(縦29×横22)です。

制作では、合計数で39本のペンダントを作りました。

結果は、合格(OK)は17本、不合格(NG)は22本でした。

 

不合格(NG)の理由は、表面の緋色被膜の状態です。

緋色の美しさを損なうような白色や黒色の被膜が残る場合は、多くのケースで不合格にします。

また、表面に溶解している部分があれば、不合格にします。

 

正直、色ムラがあっても、魅力的なものもあります。

しかし、緋銅を初めて見るという人が圧倒的に多いです。

「緋銅って、綺麗なんですね。」

このような第一印象でなければ、緋銅が世の中に広がることはありません。

 

今回の成功率の低さの原因は、クロスの大きさや形状といったデザインの条件があります。

オーダーを受ける前には、まず緋銅にできるかを考えます。

過去の経験を頼りに判断しますが、お断りすることもあります。

 

成功率は、あくまでも結果。

ただ、半数以上が不合格のなか、合格した作品は、一見の価値があります。

緋銅クロスの制作
上段OK、下段NG

灯~AKARI~

今回は、同時進行で灯~AKARI~の作品も制作しました。

素材の銅板は、手彫りされた花を選びました。

 

花を選んだ理由には、「困難に対する勝利」「希望」の意味を込めています。

身に着ける人に神秘の力を与え、災いから身を守るアイテムとなることを願って作りました。

 

『灯~AKARI~』とは

技術を磨く職人たちが懸命に1本1本真剣に刻んだ数々の練習用の銅板。

その銅板が、決して表に出てくることはありません。

練習では1本1本にその当時の職人の想いが込められています。

技術という点では未熟かもしれませんが、想い出の銅板であることには変わりありません。

その銅板を緋銅という新しい息吹を吹き込んだハンドメイドの1点ものです!

灯~AKARI~クロスペンダントネックレス
灯~AKARI~花柄クロスペンダントネックレス

テーマ『いつか必ず』

いつか必ず、一緒になろう。

今は、お互い離れた場所にいて、それぞれの時を過ごしているふたり。

 

ふたりは、今すぐ一緒になりたいと願う。

でも、それが叶わない現状を、お互いに理解している。

 

ある日、同じ時間に同じ番組を見て、初めて見る緋色の美しさに、心が動いた。

そのとき、彼女とふたりでこの緋銅を身につけたいと思う。

そのとき、彼とふたりでこの緋銅を身につけたいと思う。

 

この運命的な出来事に、ふたりの気持ちは盛り上がった。

緋銅とめぐり合ったことで、相思相愛の仲だと感じることができた。

 

いつか必ず、一緒になろう。

ふたりの思いはさらに希望に向かって前進する。

 

 

※作品テーマ『 いつか必ず 』は、福岡県Y様と彼女様のおふたりにお願いをして考えて頂きました。

※おふたりの手紙を基に編集・校正しています。

緋銅鎚目クロスペンダントネックレス
『いつか必ず』ストレート
緋銅鎚目クロスペンダントネックレス
『いつか必ず』ベクトル

デザインのクロスの起源には、上下左右の四隅には、土・水・火・風の4元素を表しているそうです。

また、縦と横の線が交差していて、それが天と地の交流を表し、生きる力(エネルギー)の象徴を意味するとも言われています。

ともに、「困難に対する勝利」「希望」の意味を込めています。

鎚目は「受難」に打ち勝つという意味を込めてます。

誰もが心の中には『いつか必ず』という想いはあると思います。

この作品が、身に着ける人に神秘の力を与え、心願成就のアイテムとなることを心から願っております。

緋銅鎚目クロスペンダントネックレス「いつか必ず」
RINPLA

RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東4-20-2 大仙第二ビル3階A

受付時間 10:00~21:00

予約優先

携帯電話

090-6475-5536

 

工房にお越しになる際には、事前にメールまたはお電話にて、問い合わせ・ご予約をお願い致します。