ジャパニーズチップ展【11月28日~12月10日】開催会場3331アーツ千代田1F3331ギャラリー

TIP(チップ)とは


本日の目的は、ゆめのたね放送局ラジオ番組「ゆびわでありがとう。」の12月8日(金)最後の収録に向けてゲストのひっし~さんとの番組の打ち合わせでした。最終回の12月23日(土)放送は、これまでの2年間を振り返る思い出ではなく、また、最後らしく…に浸るなんてことは毛頭なく、最後だからこそ、やるべきことを語り、大切なことを伝えますので、放送を楽しみにしていてくださいね。ここまでは、自分の告知でした。

ここからは、打ち合わせまで、少し時間があったので、館内見学。そこで、とても自分が好きな展示会があり、打ち合わせ後は、ひっし~さんを誘い見学してきました。その展示会についてご紹介します。

JAPANESE TIP展

通路を歩いていて、「あれは何だろう?」という印象で何展とはわからないまま入りました。

会場入って、左手の壁面に吊るされたパネルを読んで理解しました。

 

【きっかけ】

きっかけは、学生時代、飲食店にアルバイトで働いていた時の出来事。お客さんが食べ終わって帰られた後、食べ残しや、食べ散らかされたテーブル。仕事だと分かっていながらも、それを棄ててしまうのはとても心苦しくもったいなく、毎日辛い気持ちになっていました。

そんなある日、お客さんが帰り際テーブルに置いていった無造作に変形させられた箸袋を見つけることがありました。 かっこいいもの、へんてこなもの、様々な形があったので、手先の器用な日本人らしい手癖だな。といつの間にかその物体をコレクションするようになっていました。

そして、ふとある日、お客さんからの「ありがとうのしるし」だと感じたのです。「もしそれが、お客さんからのごちそうさま!ありがとう!のしるしなら片付けがもっと楽しみになるのに」と考えるようになったのです。

 

ここに展示されているのは、この活動に協力している全国の飲食店から送られてきた、それぞれのお店でお客さんが作ったものが集まった展示会でした。この視点からとらえている感性が好きですし、とてもアイデアが面白いです。会場入った右手手前の壁面に設置されている15分の動画。

その動画には、それぞれの協力店のオーナーさんやスタッフさんのインタビューがご紹介されています。そのモニター前に設置された長椅子に座り、待ち合わせ時間まで動画を観ていました。

 

これがまた興味深く、きっといくつも気づきや発見があると思いますので、ぜひ、観ることをおすすめします!

箸袋から生まれる感謝の気持ち

ジャパニーズトリップ展主宰の辰巳雄基さん
ジャパニーズトリップ展主宰の辰巳雄基さん

無意識からできる箸袋の折り紙に 、"JAPANESE TIP"という名前を付け、お客さんからお店への"心づけ"="Tip"の関係。

「このTIPをもっとたくさんの人に作ってほしい。」

「もっと多くのお店の方に、お客さんに、同じ気持ちを感じてほしい。」

そんな思いから、この活動がスタート。

「箸袋でなにかつくってね。それがごちそうさま。ありがとうのサイン。」と書いたPOPをお店に置いてもらうと、ハートマークをたくさんつくってくれる人。子供と一緒に魚をつくり、机の上を水族館にして帰ってくれる人。折った箸袋にメッセージを描いてくれる人。など様々にお客さんが参加してくれました。

「机にPOPを置いただけで、お客様との距離がグッと近づいた」とお店の方からも大盛況。「今回はこんな面白いカタチがあったよ!」と写真とともに嬉しそうに報告してくださることもあります。

※現在終了しています。


これからの伝える文化

チップの歴史は、欧州から始まり、習慣化されていきました。海外ではチップは、「労働の対価」として給料としてとても大切にされている文化です。日本人の感覚?自分の感覚では、チップは「労働の対価」というよりは「サービスのお礼」といった感じでしょうか。

箸は中国から伝わったものですが、箸袋、箸置きは日本の文化です。しかし、現在では箸袋を提供する飲食店は全国でも少なくなっているようで、この活動に協力する店を探すことも大変だったそうです。しかも、辰巳さんはひとりで活動されています。協力店を探された話はとても興味深く、楽しいものでした。

 

日本人のチップではない、サービスに対してのお礼とは何だろうか?

 

今後、海外でも展示会の開催も考えているとのことでした。

昨今、お店もお客さんも、有っても、無くても気にならない存在になってしまった箸袋。

その存在に新たな魂を吹き込み、箸袋を通じてお店とお客さんの関係を深めるツールとして、その活動を世界に発信する姿はとても素敵でした。
この機会に、ぜひ展示会に足を運んでみてくださいね。

 

ジャパニーズチップ展 / 主宰 辰巳雄基

会期:11月28日(木)~12月10日(日)10:00~20:00(最終日は17時)

会場:アーツ千代田3331 / 1F 3331ギャラリー 東京都千代田区外神田6-11-14

入場:無料


オープニングレセプション

12月2日(土)、3日(日)11:00~18:00

RINPLA

手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00

不定休

携帯電話

090-6475-5536

 

ご来店の際には事前にご予約ください。メールまたはお電話で問い合わせ・ご予約をお願いします。