結婚7周年~銅婚式~緋銅ピアス

結婚7周年記念


結婚記念日に贈るプレゼントの条件

①緋銅を使っていること

②ピアスであること(ピアスの金属部分は細い金色、もしくは銀色の金属であること)

③形は大ぶりのティアドロップもしくは花びらのような形をしていること。

記念日の2週間前で、オーダーメイドは難しいと思うので、作品を実際に確かめてみたいということで、工房にお越し頂き、打ち合わせをしました。

 

実際に、作品をご覧頂きながら、イメージに近いながら、若干違う作品を気に入っていただきましたが、本人も自分も「あの時妥協した」という感情が残りそうでしたので、「最初からオーダーメイドで依頼して頂くのではなく、イメージ通りの作品だったら購入を考えてください」と条件付けで、制作のご提案をしました。自分でも花びらの作品は、これまで試みたことがなかったので、できますとは言い切れず、まずは制作してみますとお伝えして、納得して頂きました。

 

打ち合わせの際に、銅板を選んでいただき、制作では、実際にバラの花びらを用意して、できる限り再現できるように確認しながら作業を行いました。

ピアス金具については、2つのデザイン候補があり、完成した花びらにセッティングした写真をFacebook、Instagram、LINEなどで投稿しました。

たくさんのコメントを頂き、大変参考になりました。

みなさま、本当にありがとうございました!

 

完成した作品を見て、イメージ通りですと、依頼人の方から喜びの声を頂けました。後は、結婚7周年記念日にプレゼントをされて、奥様が喜んでくださること、素敵な結婚紀念日になることを心から願うばかりです。

お礼メッセージ

後日、お礼のメールをいただきましたので、(一部)ご紹介します。

『当日サプライズでピアスをプレゼントしたところ、 大変喜んでくれました。花びらのサイズ感もショートカットの家内に丁度いいサイズで、揺れる感じも本物の花びらのようで、実際につけた方がより素敵に感じました。この度はどうもありがとうございました。 おかげ様でいい記念日になりました。』

 

また、緋銅のピアスを身につけている奥さまの写真を撮影してくださり、添付してくださりました。

緋銅の作品作りでは、身につけた時に見栄えが良くなるよう心がけておりますが、実際の着用されいる姿をみると嬉しくなります。

大切な結婚記念日に、お役に立つことが出来たことは、作家冥利に尽きます。

緋銅ランクの新基準

オーダーメイドの醍醐味は、依頼人のことを想いながら制作ができることです。

今回のバラの花びらの作品の誕生によって、これまでの緋銅ランクの基準を考えるきっかけとなりました。

今回の基準変更によって、これまで出展しているほとんどの作品の緋銅ランクが下がります。また、出展を取消す作品もありました。

一見すると、マイナスな行動に見えますが、作家としての自覚が以前よりも強くなったとともに、これからも魅力的な緋銅の作品を出展していきます。

 

緋銅ランクの新基準は、base「飾り屋くりむそん」のショップブログで掲載しております。詳細のボタンをクリックしてご確認ください。


RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。