緋銅の栞つくり体験

自分で作る栞


今年になってから、緋銅の作品に、「栞」が加わりました。

栞には色々なデザインがありますが、緋銅にできない形状もあります。

 

しかし、最高ランクの緋銅の美しい色合いは、デザインと同じ位の魅力を感じています。

 

表面や側面に凹凸をつけたり、花びらのデザインにしたり、大きさをかえてみたり、穴の位置を変えてみたり、色々と作品づくりをしています。

 

「この形を作るプロセスは楽しいかも」

それが今回の栞つくりを始めるきっかけになりました。


厚み0.4mmの世界


使用するのは、純銅の1.0mm板です。

例えば、縦30mm、横17mmの場合、厚さを1mmから0.6mmにすると、縦40mm、横24mmと伸びます。

工房にある金槌の中から、自分の作りたいものに適したものを選んで、叩いていきます。

叩くというよりは、打つという表現の方がイメージしやすいかと思います。

最後に、紐を通す穴の位置と大きさを決めます。銅板が薄くなった分、縁が鋭利になっているので、ヤスリで丸みを出します。ここからは、表面を磨いていきます。


最後に緋銅


バフの研磨機を使用した最終磨きと、緋銅の作業については、経験が必要なので、ここはお任せください。

紐については、緋銅にした後に、好きな長さで結んでください。

この時にも、栞の紐の結び方をいくつか説明させていただきます。

 

これで、「世界に一つだけの緋銅の栞」の完成です。

もし、アルファベットや数字など入れたい方は、打刻してください。

メッセージ付きの栞なら、プレゼントとしても素敵ですね。

 

体験時間:60分

料金:4800円(税込)

受付時間:10時〜20時

※1名から受付

※事前予約

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話090-6475-5536にて、≪確認&予約≫をしてください。