初出展「&SCENE手創り市」2017年2月26日㈰

飾り屋くりむそん


文京区千駄木にある養源寺にて、2ヶ月に1度開催されている「&SCENE手創り市」にこの度、出展することが決定しました。このイベントでは、色々な手作り作家が集まり、作品を自ら出展・販売します。今回は、飾り屋くりむそんとして、緋銅作品を出展・販売します。

&SCENE手創り市

蚤の市

蚤の市は、参加作家と&SCENEスタッフの持ち寄り品を集めた企画です。展示される品物は持、 『ずっと使い続けてきたけれど、そろそろ次の方へゆずっても良いかな。』 というような品が並びます。

作家と蚤の市

初出展の理由

緋銅という認知度の低い作品にも関わらず、気に入ってくださる方がいることや、出品の声を掛けてくださる企業さまなど、興味を示してくださる方々がいる事を知り、昨年秋頃から工房、ネットショップ以外で直接相手の見える場所での活動を考えていました。
12月23日開催された「&SCENE手創り市」を当日ラジオで聴いて、その日に会場を下見に行きました。机やラックなどはすべて出展者自身で揃えるそうで、当然ですがそんな器材はありません。

翌日、もし出展するならこうしようかと、合否の審査結果だけでも、緋銅の評価のひとつになるとパートナーの職人と意見を確認して申込手続きをしました。

2月26日(日)9:00~16:00

【開催場所】

養源寺

〒113-0022 東京都文京区千駄木5-38-3

 

【最寄り駅】

東京メトロ南北線「本駒込駅」徒歩3分

東京メトロ千代田線「千駄木駅」徒歩10分

都営三田線「白山駅」 徒歩10分

東京メトロ千代田線「根津駅」 徒歩15分

東京メトロ南北線「東大前」 徒歩15分

 

出展ブースは【64】です。

会場マップ

ご来場、ありがとうございました!

「緋銅って、初めて知りました」

「綺麗な色ですね」

など、多くの方に声を掛けていただけました。
作品を一度見て、気に入ってくださる方は、一度考えてから、また来てくださり、購入してくださりました。
緋銅ってすごい魅力なんだなぁと、実感することができました。

顔が見える、会話を交わす、こういうやり取りが、作家活動のモチベーションになります。

さらに、デパートのイベントの出展のお誘いまで頂きました。(今回は丁重にお断りしました)
結果、次回も応募することに決定しました。

でも、出展できるかは審査次第ですが笑

当日の飾り屋くりむそんのブースです。

緋銅プレートの打刻体験がメインでしたが、まさかの不発でした笑

終日ブースから一歩も動かず、正座のような姿勢で過ごしていたので、足の疲労感が半端ないです笑

天候は、風もなく、日差しもあり(昼以降は木影に)恵まれた環境でした。

さすが、自称晴れ男笑

緋銅リングと緋銅小皿

今回は、初めての出展であり、人生初体験でもあります。

売上は期待せずに、準備をしてきました。

 

緋銅を知ってもらうこと。

台東区に工房があること。

打刻体験を行っていること。

など、説明や告知はできるだけ簡素化しました。

今回の感想は、銅のもつ緋色だからこそ、自然を眺めるような、美しさ、奥ゆかしさ、緋色の魅力に惹かれるのが、緋銅の作品の魅力だと思いました。

 

熱を入れる時の緊張感、銅の色が変化していく様、第二皮膜が剥がれる瞬間、均等に緋色になった時の喜びなど、作品を作る中でも銅の魅力は沢山あります。

 

このことに共感してくれる方がいることも、自分の活動の励みにもなりました。

外で並べて眺める緋銅の作品もとっても綺麗でした。


RINPLA

RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東4-20-2 大仙第二ビル3階A

受付時間 10:00~19:00

携帯電話

090-6475-5536

 

工房にお越しになる際には、事前にメールまたはお電話にて、問い合わせ・ご予約をお願い致します。