シンガポール(来星)日記(1)

指輪を届ける


2014年12月8日(月)

成田空港国際線~直行便~シンガポール

往復、デルタ航空を利用。

行きの出発は17:55、到着は0:40

帰りの出発は6:55、到着は14:30

 

2016年11月7日(月)

成田空港国際線~直行便~シンガポール

往復、デルタ航空を利用。

行きの出発は16:55、到着は0:05

帰りの出発は6:55、到着は14:55

 

旅行会社には、シンガポール航空、ANA、JAL、乗り継ぎ便ならチャイナエアライン、タイ国際航空、LCCなどあります。

目的は指輪を無事に届けること。来星前に決めた約束の日時に待ち合わせ場所に行くため、安全な直行便。デルタ航空は料金も魅力的だったので、利用しました。


人生初のバックパック旅行


最初に誤解されないように言いますが、バックパッカーではありません。英語力は日常会話もままならないレベルですから笑

ちなみに、デルタ機内では客室乗務員さんは日本語で通じます。

 

シンガポールはこの時期の気温平均26.9度です。

Tシャツに短パンでも過ごせますが、空港、電車、モール内は冷房で寒いので、上着はそんなに邪魔になりません。

 

男性はそんなに荷物もないのですが、とりあえず必要ではないかもしれないものも詰め込んで、帰りはお土産などを詰め込むため、「海外旅行=スーツケース」の概念がありました。

 

シンガポールは、治安の悪い場所ではありません。

この時期は、雨期でスコールなど突然の激しい雨に襲われる事も考えられます。バックなら身軽で動きやすい。スーツケースは邪魔になります。

 

機内手荷物には制限があるので、お土産は大きな問題でした。絶対バックに収まるはずがありません。


リュックは機能性で選ぶこと


座席の足元に荷物を置くスペースがあると知り、お土産用の折り畳みトートバックを準備しました。

実際は、上の荷物スペースに空きがあったので利用しました。

 

今回は新しくリュックも購入しました。

まず容量は、25L以下は気持ち小さい感じで、30~39Lの中で探しました。

 

ただし、機内持ち込み手荷物は、3辺が23cm×35cm×56cmで重さ7kgの制限があります。

リュック本体でも大体約1Kgあります。

 

最後はデザインで決めましたが、実際使ってみると、取り出しポケットや内ポケットなどの機能の面では、不自由さを感じました。


お気に入りスポット


前回、この場所を見つけました。

成田空港国際線ターミナル1の出発ゲートを通過した所にあります。各椅子にコンセントがあり、充電ができます。

 

今回、初めて用意した掃除機不要の圧縮袋。これは手でクルクルと巻いて空気を抜きます。ダイソーの圧縮袋MとLを購入したのですが、Lはなかなか空気が抜けなくて、使いましたがおそらく不良品です。

でも、バックパックではとてもありがたいアイテムでした。

 

あと使用しませんでしたが、スイムタオルもおすすめです。

 

前日に急遽、掛け捨ての海外旅行保険にも入りました。

手続きが簡単な上、すぐに利用ができるようになるので、とても便利です。

 

携帯など通信レンタルはしないので、この先は連絡手段が途絶えます。チャンギ空港や宿泊ホテルの無料wifiを利用します。

 

ところで、タイトルの「来星」とは、シンガポールに来るという意味だそうです。


デルタ航空のスカイマイル入会


チェックインの際に、「スカイマイルお持ちですか?」と聞かれたことで、気がつきました。

2度あることは3度あるかも、それにマイルの有効期限はないとのことで、その場で入会申込をしました。

残念ながら、前回(2014年)のマイル獲得は、出来ないそうです。

 

デルタ航空の機内でのコーヒーは、スターバックスに変わっていました。これは嬉しかったです。

機内食も悪くないし、映画の作品も数多くあって、行きは映画三昧の時間でした。

 

公開中見に行けなかった『スターウォーズ~フォースの覚醒~』も見ることができました。

 

往復共に、快適な空の旅でした。

 

>>続く


RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話090-6475-5536にて、≪確認&予約≫をしてください。