シンガポール(来星)日記(4)最終話

指輪をお届け


来星の目的は、指輪を無事にお二人のもとにお届けすることです。

 

待ち合わせのJurong East駅には、約束の2時間前に到着しました。駅近のショッピングセンターJCubeの3階に、本格的なアイススケートリンク「The Rink」があり、見学してました。

 

無事に山本さまと待ち合わせ場所で再会。その後愛犬“はっち”もいるご自宅で、無事に指輪をお届けさせて頂きました。

 

お部屋はとっても素敵な空間で、おふたりと楽しい時間を過ごさせて頂きました。実際にお会いしているのは2回だけですが、それ以上の親近感を感じてます。本当にこのご縁に感謝です。

 

そのあと、リトルインディアのおすすめの店LAGNAAへ連れて行って頂きました。


Little India


Tekka CenterのあるSerangoon Rd沿いにあるLAGNAA。

1階はテーブル席、2階は座敷があります。日本語のメニューもあるくらい、観光客が多いです。

 

2階は靴を脱いで入ります。落ち着いた広々としたスペースでとても快適でした。

 

最近、辛党の自分が注文したのは、辛さがレベル3のカレー。

レベル3以上を完食すると、写真のように店の壁に名前を書いた木製クリップを残すことができます。

ルール上、他の人は食べてはいけないことになっており、おふたりに辛さをシェアできなかったのが、残念でした。

 

小さなレストランなので、初めての方は地図があった方が良いと思います。

リトルインディアは、毎年10月頃から「光の祭典ディーパバリ」が行われているそうです。

 

この光のアーチは、かなり距離は長そうで、ずっと続いているようでした。とっても綺麗で見応えのあるおすすめスポットです。

 

前回ここを訪れた時は、昼間ということもあり、全然このアーチを覚えていませんでした。

 

ディーパバリとは、ヒンドゥー教の新年のお祝いだそうです。

シンガポールは、年中気候が一定なので季節感がないそうです。でも、これが始まると年末を意識するそうです。

 

日没後のライトアップに、今回は偶然にも見ることができて、よい思い出となりました。


Chinatown


シンガポール2日目。

Tさま&Mさまご夫妻と再会する夜まで観光しました。

 

Park Hotel Alexandraの周辺のモールも観光しようと10時半位にチェックアウトしました。

まだ、シャッターが閉まっている店も多くて、仕方なくこのエリアを離れることにしました。

 

前回、チキンライスのおすすめの店を教えて頂いたのですが、結局見つけることも食べるもできませんでした。

 

今回こそ、チキンライスが食べたい!

昨晩、山本さんに教えて頂いたMaxwell Road Food Centreにある天天のチキンライスを目指します。


天天海南鶏飯のチキンライス


現在、2019年開設の新駅工事で道が複雑になっていました。

去年日本に旅行したという現場作業員の男性の助けもあって、迷うことなくMaxwellに到着できました。

 

天天海南鶏飯は、いろいろなガイドブックにも載っている有名店です。長蛇の列だったら諦めようと考えていましたが、朝11時過ぎの時間帯で、ほとんど並ばずに念願のチキンライスを注文することができました。

 

海南鶏飯とは、茹で鶏とその茹で汁で炊いた白米を共に皿へ盛り付けたマレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理だそうです。

 

別の店でチキンライスは食べてませんが、蒸した鶏の臭みはないし、しっとりした食感で美味しかったです。トッピングのニンニク入り?チリソース?も美味しかったです。


Buddha Tooth Relic Temple and Museum


前回も訪れた佛牙寺の魅力は、1階の寺院内の雰囲気です。

存在感のある弥勒仏、100体もの釈迦像が並んでいる様子は圧巻です。この日は仏儀式が行われていました。

 

今回は、佛牙寺の上の階に無料観覧できる(?)博物館があることしりました。建物の脇の階段から恐る恐る登りました。

各階に2重扉になっていて、唯一開いていたのが4階でした。

 

靴を脱ぎ、撮影禁止の場所は、1階よりも魅力的でした。

正面に向かって、黄金一色、天井に伸びる棒の先の水晶、見ていると身体の感覚が反応するようなパワースポットでした。さらに、両サイドには瞑想できる空間があり、おすすめです。

 

そこから京都に旅行したことがある中国系の男性からおすすめされて屋上へ。中央の祠の中には摩尼車(マニ車)があって男性がひとりで回していました。一周すると鐘がなる仕組みです。誘われて、2周か3周くらい回ったところで目がまわり終了笑

このブログのために調べると、ミャンマーの寺院で発見された仏陀の歯が祀られた佛牙舎利塔がある寺院でした。


気になる甘いもの


フードセンターで目にする機会が多かった“かき氷”。

この日も暑かったので、食べることにしました。メニューは、どれもカラフルなシロップがかけられています。

注文したのは、『ドリアンのかき氷』。これまでドリアンを食べたことはなくて、噂に聞くような匂いや味は気にならずに普通に食べれたけど、ドリアンだったのかな笑

 

あと、街のあちこちにあるアイスの屋台。

前回は1SGDのウエハースを食べたので、今回は1.2SGDのカラフルなパンにアイスを挟んだのを食べました。パンの方が手を汚さずに済みます。


Asian Civilisations Museum


シンガポール・リバーの向こうにはフラトンホテルがあります。

カベナ橋を渡ってすぐのところにあるAsian Civilisations Museumの素敵な外観に惹かれて観光してきました。

博物館の中は、無料ですが展示室は有料でした。

 

外にあった球場のオブジェは観光客の撮影スポットになっていました。自分の姿が映るのが面白いですね。

 

その奥にあるのが、Victoria Theatre & Concert Hall。

玄関正面には、シンガポール建国の父といわれるイギリス人のトーマス・スタンフォード・ラッフルズ卿の像が設置されています。

ここも、とても素敵な場所でした。


2年振りの嬉しい再会でした


Tさま&Mさまご夫妻との待ち合わせはRaffle Place駅。

夕方6時過ぎは、帰宅ラッシュのようで構内はとても混み合っています。

 

無事におふたりと再会することが出来ました。

その後、おすすめの中華の店で一緒に夕食を頂きました。

お約束していた日本からのお土産も無事にお渡しができたこと、おふたりとも元気でお過ごしだったことが、何よりも嬉しい喜びでした。本当にあっという間に過ぎる時間が名残惜しいです。

 

おふたりと別れた後に、写真を撮り忘れたことに気がつきましたが、時すでに遅し。。。

 

今回の旅の目的は、これで無事に終わりました。

本当に貴重な体験、有意義な時間を過ごさせて頂きました。

 

2度あることは、3度あると信じて、また来星を自分に約束して、帰国の途に着きました。

これから英語も勉強しなきゃな笑


RINPLA

手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00 (※木曜 ~16:00)

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せ・来店フォームからメール、または、お電話にて、事前に確認&予約をお願いします。