ふたりが喜びを感じて結婚指輪を選ぶ

喜びの連続


結婚指輪は、夫婦の証であり、一生ふたりで共にする大切なものです。

 

さて、実際はどうでしょうか?

 

ふたりで結婚指輪を探している時は、喜びの連続になっているでしょうか?

 

自分だけが喜びを感じていませんか?

 

自分だけが重い負担になってはいませんか?

 

もし、結婚指輪を探しているふたりの喜びのレベルが

 

同時に引き上げられる手段があったとしたら、どうですか?

 

ふたりにとって、理想の結婚指輪に向かって探し求める

 

これだけで、重い負担からは解消され、行動するたびに喜びに変わります。

 

そのためには、どうするか?

結果は同じ


結婚指輪は、左手の薬指にはめることで、お互いが夫婦であることを確かめ合うものです。

 

これが結果です。

 

一般的に結婚指輪の選び方で言われていること

 

『いざという時にもめないように、事前にふたりで話し合って考える』

 

店に足を運んで、ふたりの意見が合わずにもめたとしてもいいと思います。

 

カタログでデザインや金額を見たり、ブランドや店を比較したり

 

その作業にふたりが喜びを感じるのか、疑問です。

 

普段指輪を身につけない人にとって、どう選んで良いのか

 

分からないから、負担に思う人も多いことでしょう。

 

『相手任せにする』

 

もし、この状況で自分が興味がなければ、相手任せになるのは自然のことです。

 

相手任せにしてもいいですが、それではふたりの喜びのレベルは上がりません。

同じ結果になるなら


『心の底では興味がないと思っている』

 

このまま手に入れた結婚指輪は、夫婦の証として一生共にしようという気持ちになりますか?

 

例え、ふたりで一緒に選んだとしても、これでは意味がありません。

 

喜びのレベルとは、結婚指輪を左手の薬指にはめることで、お互いが夫婦であることを確かめ合うものです。

 

 しかし、今の時代は、結婚指輪のブランド、デザイン、素材、価格などバリエーションが豊富にあり過ぎます。

 

これは誰のためになるの?

 

『男性と女性では、結婚指輪の選び方に対する好みや価値観など考え方が違っていても不思議ではない。』

 

結婚指輪は毎年新作が発表され、同時に消えていくものもあります。

 

時代の流れにも左右されます。

 

その数ある中から、お互いの好みと満足できるものを探しだす。

 

確かに、自分たちの運命の結婚指輪が見つかったら喜びです。

 

でも、喜びのレベルが引き上がるかというと疑問です。

飽きないもの


結婚指輪は、毎日仕事をする時や家事をする時も、身につけたまま生活するものです。

 

『一生使うものだからデザインは長く飽きないものを選びましょう』

 

しかし、実際は気分的に違和感があったり、邪魔に感じる人はいると思います。

 

正直、指で触ってひっかかりがあるのは、安いものを選んだか、作りの悪いどちらかです。

 

結果的に、赤ちゃんが生まれた時、赤ちゃんを傷つけないように外すことになります。

 

飽きないとは、自分の好みという面だけではありません。

 

一生身につけるものとして、自分の生活スタイルを考えることが飽きないデザイン選びになるのです。

 

派手でも、子供っぽいでも、◯ィ◯ニーでもいいのです。

 

何年、何十年と経った時に自分が恥ずかしいと思って外すことがなければ構わないのです。

 

素材も同じです。

 

ホワイトゴールドはメッキしますが、プラチナはメッキをしません。

 

同じようにも見えて、プラチナより値段は安めでも、メッキは後々剥がれます。

 

ちなみに、ピンクゴールドやイエローゴールドにはメッキはしません。

 

素材は何を選んでもいいと思います。

 

飽きないものとは、結婚指輪がどうなろうと愛着を失わずに一生使おうと思えるものと言えます。

 

そういう意味では、サイズ直しできない結婚指輪は、喜びの連続とはなりませんね。

疲れる結婚指輪選びから卒業しよう


『結婚指輪を買うのは一生に一度だから、高級ブランドのものを選びたい!』

 

いつかあのブランドの結婚指輪をしたいと憧れることは良いことです。

 

しかし、憧れではない理由で高級ブランドを選ぶのは、ふたりの喜びは増えませんから、おすすめできません。

 

既製品、セミオーダー、フルオーダー、手作り

 

一体何を選べば、ふたりの喜びのレベルが同時に引き上がるのか?

 

既製品、セミオーダーは、“こと”より“もの”

 

フルオーダー、手作りは“もの”と“こと”

 

手作りでは、“もの”より“こと”になっている店もあるようです

 

ただ、基本はこれを理解して店を選んで欲しいと思います。

 

 

結婚指輪は、夫婦の証であり、一生ふたりで共にする大切なものです。

 

結婚指輪は、左手の薬指にはめることで、お互いが夫婦であることを確かめ合うものです。

 

男性は上下、ロマンティストであり、女性は左右、現実的

 

最初に選び方に対する価値観の違いを確認する。

 

実は、そこにふたりの喜びのたねがあるのです。

 

疲れる結婚指輪選びの時間はもったいないです。

 

指輪選びを通じて、喜びのたねをふたりが発見することができたら、どうですか?

 

指輪と共にふたりの喜びが増えたら、どうですか?

 

そんな結婚指輪があれば欲しいと思いませんか?

 

そんな結婚指輪を手作りでご提案させて頂きます。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。