手作り指輪取扱説明書入門編(仮)を作成中

取り組みのきっかけ


手作り指輪の魅力のひとつは、指輪そのものがその人にしか創れない自然(想い)のカタチであるということです。

だから、デザインがシンプルでも、こだわりがあっても、自然なものには変わりないので、人を惹きつけ動かす力があるのです。

 

しかし、世の中には自然ではないものも、多くありますし、自然の格好をした偽りのものも数多くあります。

ものが混在して溢れている情報時代で、そのことを伝えることや自然を継続することは、とても大きなストレスになります。

 

自分の理念や手作り指輪に対する想いに執着せず、周りの流れに合わせたり、一歩先に行くサービスを考えれば、ビジネスも早く成長できる可能性はあるのでしょうが、心は生き物です。頭では理解できても、心が調和していなければ、それはずっと消えずに心に残ります。何よりも今を楽しめない人生になります。

 

普段の生活で、私たちは必要以上に自分自身のことについて深く考えていません。

また、必要以上に他の人のことも考えません。その時間がないのです。

もし、自然なものの大切さに気づき、意識して選ぶ必要を実感ができたら、意識がより良い方向へと変わっていきます。

 

世間や人にどう思われるかを案じて、自分の心に反して、さもそのような気分を作ることは正しくありません。

人々が無意識の中で何気なく口にする感想や批評を糧に生きているわけではありません。

自分の活動において、自然な状態で取り組みながら、人の役に立っていることを実感し、それを糧に生きるだけで十分なのです。

 

相手に求め過ぎたり、競争したり、奪い合ったり、欲張ることは自分自身の信念や力を弱める原因になります。

 

『相手の純粋な想いに対して、妥協することなく純粋な想いで応えること』

 

手作り指輪に関わる全ての人が、自分自身にとって、相手にとって、ふたりにとって、社会にとって、世界にとって、感動と喜びでなくてはならないということなのです。

立場の公平性


大切な指輪を手作りしようと考えてくれるのは嬉しいことです。また、数ある店の中からリンプラを選んでくれるのは、さらに嬉しいことです。だからこそ、何を伝えたいのか?、他の手作りの店との違いは何か?を示す必要はあると考えはずっとありましたが、先送りしていました。

 

しかし、先日の打ち合わせ(ブログ涙の理由)、その後の電話の問い合わせ(非公開)の件もあり、益々真剣に考える機会は増えました。ラジオ出演したエナジーカウンセラーの金井道子さんが放送の中で、家庭の医学ばりの分厚いエネルギーの実践書を作った話にも影響され、もう先送りする理由もなくなり、自然な流れでこの『手作り指輪取扱説明書入門編(仮)』(以下トリセツ)の作成に取り組むことができました。

 

このトリセツは、作成中ではありますが、指輪だけでなく、人生のいかなる分野でも応用ができると感じています。

しかし、このトリセツは、チラシや資料請求のように誰でも無作為に渡すつもりはありません。

自分のエネルギーと時間をかなり費やしています。

打ち合わせをして、少なくとも自分の条件(想いや意識レベルの基準)を満たした人だけにお渡しするつもりです。

条件とはそんな難しいものではなく、もっとシンプルに指輪を手作りする心の準備が整っているかどうかで判断します。

心の準備が整っているかどうかの判断


打ち合わせをすると、相手の心の内側にある意識などに気づいたり、分かったりします。

おそらく、プランニングしている中で、いつの間にか習得した技術だと考えています。

 

言葉や仕草は、その人の内を映し出すとは、みなさんもすでにご承知の通りだと思います。

その言葉や仕草は、その人の心の構造を物語っていると言ってもいいでしょう。

 

しかし、口から出る言葉や仕草は、心の内にどんなものであれ、溜め込まれていると示しているにすぎません。

そのことについては、詮索する理由もないし、詮索して原因が判明したとことで変えることは容易いことではありません。

この容易くないというのは、それが純粋なものではなく、不純なものであった場合のことです。

 

他の人に自己利欲を無理強いすることは、まず、相手の心のなかにある貧欲を自分の心に移し、相手の精神のなかにある貧欲を自分の精神に移し、次に、それを意識として根付かせます。欲が満たされる返答がでるまで何度も繰り返し口に出します。

そんな人たちは、自分の想いのエネルギーを奪います。

 

また、自分が大切にしているものを、粗雑に扱う人も同様です。

手作り指輪を収めた逸品集を、ペラペラと流しながら見る仕草を見ていると心が痛みます。

それでも、決してその人を悪く思いません。そのことに意識が向いていないだけなのです。

 

「どうして、こんな人を相手したくないし、こないように心掛けているのに…」

しかし、自分の時間を費やしてくれるのですから、そのことには感謝の意を持っています。

 

同じ指輪というカタチを手に入れるために使う想いや時間やお金のエネルギーを、感動、喜び、幸福、進化が得られるものに変えられる指輪が、世の中にひとつくらいあると信じている指輪屋があってもいいと思います。

そこがリンプラの目指す世界です。

指輪を自分で手作りすることで、楽しむ能力、創造する能力が高められることができたら素敵な事です。

この扉を開けて飛び込みたいと思って頂ける方に、このトリセツはお渡しします。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話090-6475-5536にて、≪確認&予約≫をしてください。