プロポーズ成功報告

99%の自信と1%の不安

自分の中では、『絶対』という言葉に特別な意味合いがあります。

絶対と言葉にするときは、自分に対しては使うことがありますが、対人の場合には、ほぼ言葉にしません。

自分が対人に絶対と言葉にするときは、自分なりにそれなりの覚悟をもって使います。

 

絶対という言葉は、そもそも相手を安心させる効果があります。

言われた本人も、その言葉に期待をします。

期待というものは、時間と共にその人の都合の良い方向に膨らみます。

その分、その期待を裏切られた時の反動は大きいです。

さらに、それが悪い影響を与えるのです。

 

10代の自分は、絶対を自己の欲を満たすためや自己防衛のために使っていた。

絶対という説得力ある言葉に頼るようになり、毎日のように、口癖のように使っていました。

相手の事を思いやる気持ちよりも、自分の気持ちを優先していました。

 

しかし、あることをきっかけに、その考え方が間違えだったことに気がつきます。

その時、これまでの自分の行為を深く反省し、その日以降、「絶対」を自分がどんな時にどんな考えで使っていたのかを、また人はどんな時に使い、その結果はどうだったのかを意識するようになりました。

 

正直、絶対大丈夫です!って強く断言されるほど、過度の信用をしないように受け止めています。

また、絶対を軽々しく連呼したり、口癖になっている人は最初から信用していません。

現在までの自論は、『人が言う絶対はない。絶対を連呼する人は疑え。』

 

指輪は最終検品で自分の目でしっかりと判断しています。

完成した指輪でも100%の自信はありません。その理由は、相手も同じように納得してくださるかわからないからです。

なので、常に99%の自信と1%の不安があるのです。

 

さらに、婚約指輪の場合には、納品の段階で手作りされた本人は満足してくださったとしても、まだ不安は残ります。

それは、相手の方が満足してくださるかどうかです。

今日、プロポーズの成功を電話にてご報告してくださいました。

 

メールも嬉しいですが、このように電話ですと、喜びの声も聴けますので、とても伝わります。

見事にサプライズは大成功され、さらに指輪もとても喜んでくれたそうです。

 

この段階で、自分の1%の不安はなくなり、100%の自信に変わります。

また、ひとつ素敵な手作り婚約指輪の物語が歴史に刻まれました。


RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話090-6475-5536にて、≪確認&予約≫をしてください。