コンセプトエンゲージで大切なこと

手作り指輪が「感動と喜びを増やす」を実現に最も適していること。

 

どうしたら、感動と喜びを増やすことができるのか?

 

そもそも、これから結婚をしようと決意した男性が幸せを感じていないということはない。

 

むしろ、男性は幸せなのです。

 

しかし、ブライダルの調査結果や今ある婚約指輪選びの事情を知るほどに、自分の中で疑問が湧いてきた。

 

『本当に、これでいいのか?』

 

リングケースをパカッと開けて、婚約指輪を見せてプロポーズ。

 

ドラマや映画のワンシーンは、いつか結婚するときの理想、憧れになっています。

 

しかし、大人になると純粋に婚約指輪を見ることができなくなってしまう。

 

大人になれば、考え方や価値観、いろいろな欲求、想念が増える。

 

 

婚約指輪は純粋に想いの証だけではなく、象徴(自分の価値)として扱われるようになった。

贈る目的


婚約指輪を自分で手作りされる方は、自分の想いを大切な人へ伝えたい手段として選んでいる。

 

世界にたったひとつにしかない婚約指輪。

 

その指輪には、既製品やブランドのものでは比較できない価値がある。

 

プライス以上もしくはプライスレスと言っても過言ではない。

打ち合わせの目的


男性にとって、婚約指輪を選ぶことは簡単な事ではないと思います。

 

その理由は、ほとんどの男性がジュエリーに対して接点がない環境にいるからです。

 

つまり、婚約指輪を選ぶことが、人生で初めての指輪選びの人も多いのです。

 

今の時代は、雑誌や本を買わなくても、ネットである程度情報収集ができます。

 

選択肢も店に行かなくても、買う事ができます。

 

選択肢がたくさんあるから、以前よりも簡単に買える環境は整っています。

 

ただ、自分のこだわりを出そうとすると、その選択が少ないことがわかります。

心を強化するコンセプト


同じ事を繰り返しますが、婚約指輪を自分で手作りする人は、既製品やブランド品を買う方よりも自分の想いを伝えたい人が多いと思います。

 

また、自分で手作りすることは、サプライズになります。

 

実は、男性は女性が思っている以上に、ロマンティストなんです。

 

一生の一度だからこそ、男性もプロポーズを真剣に考えているのです。

 

それは、純粋に大切な人に喜んで欲しいと思っているから。

 

自分の想いをカタチにしたいからだと思います。

 

自分で手作りするだけでも、想いを込める行為になっています。

 

それだけでも、十分なのですが、その更に先にある部分を伝えたい。

 

その先に行く為にコンセプトが必要なのです。

 

コンセプトエンゲージは、心を強化します。

 

心の強化とは、結婚の誓いのことです。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。