アーモンド形の緋銅プレート

今回は、アーモンド形もしくは楕円形をイメージした緋銅プレートを作ります。

まず、半円を描いてから、反対側から半円をつなぎ合わせます。

 

半円は定規ですが、つなぎ合わせるのは目分量なので、すべてカタチは異なります。

 

今回の切り出しは、全部で13枚です。

途中、糸鋸の刃が折れましたが、無事に切り出し終了です。

 

ここから、やすりでアーモンド形に成形していきます。

金具をつける穴開けまで完了しました。

 

ここから、バフ研磨機で最終の磨きを行います。

ピカピカになった銅。

 

いよいよ、最終工程である緋銅の作業です。

 

13枚、すべて成功させたい!!

結果は、打刻プレートの追加枚数は10枚でした。

 

約77%の成功率でした。

 

3枚は緋銅には成功したのですが、表面にまだ脂が残っていたのが原因です。

右下の1枚のように、緋色の中に銅の色が残っています。

 

脱脂不足は今回初めての体験でした。

次回からは、研磨剤はしっかりと取り切るように心掛けます。

RINPLA

手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00 (※木曜 ~16:00)

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せ・来店フォームからメール、または、お電話にて、事前に≪確認&予約≫をお願いします。