雫の緋銅プレート完成しました

3月から本格的に始まる「世界にひとつだけのネームプレートを作ろう」ですが、緋銅プレートは在庫が不足しています。

そこで、新たに緋銅プレートを作成しました。

雫のプレート


写真の真ん中のプレートだけ色合いが違うと思いますが、これは最初のころに挑戦したものです。失敗ではないのですが、緋銅のランクで言えば「B」ですね。ちなみに、このランク基準は定められたものではなく、自分の基準となっています。

 

Bは、もし気に入っていただけるのならどうぞ使ってください、というレベルです。

技術的な面の説明としては、表面についた皮膜を軽く研磨しています。

銅板から9枚切り出し


銅板の厚みは1.2㎜です。こんな感じで最初に「〇」をケガキで引っ掻きます。

ここから、糸鋸を使って切り出します。

今回は、全部で9枚の雫のプレートを制作していきます。

ここから、やすりで削って成形していきます。

やすりは最初荒目で削り、その後に中目、細目とやすりを変えて削ります。最後は紙やすりで仕上げます。

左右対称に整えるのはもちろん、均一に削り、均一な面にすることはとても技術がいることなのです。

すべて手作業なので、この枚数でも時間と日数は掛かります。

この後は、磨きの仕上げとなります。場所を変えて、バフ研磨機を使用します。

表面のキズや凹凸をすべて磨き鏡面にしていきます。完成がこちら↓↓

もう一度この9枚を見てください


分かりましたか?

最初に切り出したのは、9枚だったはずです。でも写真は9枚ありますが、その内1枚は前回制作したプレートですので、8枚しかありません。

はい、「B」ランクでした。

「A」ランクは8枚ということで、緋銅の成功率は88%でした。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。