ビデオdeありがとう【1】

リングプランナー飯田です。今回もブログの連載となります。

タイトルは「ビデオdeありがとう」~40周年記念に父から母への感謝の気持ちを伝えるサプライズビデオレター~

結婚40周年は、ルビー婚式です。深赤色のような二人の深い信頼と誠意を表します。

2015年7月31日の朝、くも膜下出血で倒れた父。その前に病院で検査をしていました。その検査結果は、入院してから知らされました。

『直腸ガン』でした。無事に手術も成功。それでも約3ヵ月の入院生活を余儀なくされました。

10月末、無事に退院。現在は、自宅療養しながら、リハビリを続ける毎日です。

喉元乾けば、熱さ忘れる

自分は幼い頃から両親と一緒に生活をしてきました。

常に母は父に対して献身的に接してきた。40年間ずっとだ。自分が小学生の頃からパートを始めるようになった。

現在でもパートをしている。父は、かなり自由奔放に生活をしてきたと思う。

それでも、母は父を支えていた。今回の出来事でもそうだった。

毎日のように、パートをして病院へ通う生活を繰り返した。

大きな病気をしたことで、父もこれまで以上に母に感謝しているように思えた…

『喉元乾けば、熱さ忘れる』

今の父はそんな風に思えてならないし、「ありがとう」とは言うがあいさつ程度にしか聞こえないと感じた。

今朝このビデオdeありがとうの企画を思いついた

あるサイトで、「いざプロポーズ!婚約指輪以外で渡すと素敵なもの6選」というタイトルがあり、そのコラムを読みました。

  1. ぬいぐるみ
  2. 手紙
  3. おもちゃの指輪
  4. ケース
  5. 婚姻届

これはこれで、今後の婚約指輪でも役に立ちそうだ。

 

想いをカタチにして伝えるのが「手作り指輪」

想いを言葉にして伝えるのが「ラジオdeありがとう」

今回の企画実行日は、クリスマスイブの日

この2つは日程的に厳しい。

そこで、想いを映像にして伝える「ビデオdeありがとう」がアイデアとしてでてきた。

これ結構面白いし、いいかも。

ビデオはもっているし、編集も自分できる。全て条件そろってる♪

頭を抱えだす父

早速、母がいない時間に父に提案する。

父もこの企画を気に入ってくれたようで、やることになった。

そこまでは良かったのですが、具体的に打ち合わせをしながら、父にやってほしいことを伝えると…

だんだん、難しい表情を浮かべ始めた。

さらに、さらに、頭を抱えだす父。

 

「面倒くさい」「大変な作業」

そんなところだろうか。急にテンションが下がってる。

もしかして、軽い気持ちで40年間ありがとうって言うつもりだったのだろうか。

 

そんなありがとうは、薄っぺらい。

過去の出来事を、当の本人が忘れているからいつまでたっても、どんなことがあっても変わらないと思うんだよ。

記憶を思い出すなら、写真とか身の回りの物とか、何でも1つや2つはあるはず。

最初から言い訳ややらない理由を言う前に、まずは行動する。

行動しないとその結果なんてわかるはずがないと思う。

そもそも、行動しないことが感謝してないってことじゃないのかとさえ思う。

母と昔の会話を始めた父

結局、打ち合わせは父が逃げるようにリハビリの散歩に出掛けてしまった。

自分も行動せずに悩みだす父に、激を飛ばしながら、企画を書いたメモを破いた。

最後は、最悪の打ち合わせとなった。

夕方の時間、帰宅するとふたりの会話が聞こえた。

どうやら、父が母と昔の会話をしているようだった。

 

ちょっと、期待ができるかもと思った。

撮影日まであと3日。サプライズ決行まであと6日。


RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。