本日、撮影&取材でした

本日午前中は、撮影&取材の日でした。

工房にお越し頂いたのは、Webメディア『ミニハピ!』のライター吉田さまです。


『ミニハピ!』とは

働く人の“最小の幸せ”インタビューサイトです。

ミニハピ!とは

ミニハピ!のホームページをそのまま引用しますと、『ミニハピ!』のコンセプトとは


ほかの人にとっては取るに足らないことかもしれないけれど、自分にとっては幸せな瞬間。

「ミニハピ」とは、そんなイメージです。

 

今のいわゆる人材系のメディアは、その人が成し遂げた実績、偉業を語ることが定形になっています。

キラキラと輝いた、サクセスストーリー。

自分がいかにすごいか、がんばったか、世の中を変えたか…。

 

しかし、仕事でそうした結果を出せる人は、ほんの一握り。

ほとんどの人が、日々脚光を浴びることなく働いています。

 

そもそも、仕事をするうえでの幸せとは、メディアで謳われているような成功だけではないはず。

 

実際は、ごく小さな出来事、ささやかな喜びがたくさん集まって、働く原動力になっているのではないでしょうか。

それを、いろんな人から聞き出し、集めてみたいと思ったのが、「ミニハピ!」です。

 

「へえ、こんな風に働き、こんなことに幸せを感じる人がいるんだ」

「じゃあ、自分のミニハピってなんだろう」と、

 

読み手の内面に少しだけ変化を起こせれば、これほどうれしいことはありません。

 

世の中を変えられなくても、やりがいがなくても、気に入らない上司がいても、給料に満足できなくても…

 

ミニハピがあれば、きっと毎日を過ごしていける。

そんな幸せを、募集しています。

誰でも自分の人生の主人公

取材前に、今回の話のテーマとして、


『普段、感じていらっしゃるお仕事のモチベーション』


『嬉しかった、印象深かった、感動したエピソード』


この2つの事柄について、考えました。


2013年から独立してからは、上手くいかないことの方が多く、幾度となく悩み、苦しみなどが絶えませんでした。

その度に自分の選択に対して、手作り指輪に対して、自分と向き合う時間は本当に多かったです。


独立するために起業をしましたが、それまでの自分は会社組織の中で生きてきました。

いい意味でも悪い意味でも、その環境に自分が依存していたとは、当時は気づきもしませんでした。


2015年12月の現在、独立してからやっと自立した環境が整ったと感じています。

「自分のミニハピ」とは一体なんだろう…

こんな指輪の考え方があるんだ

ライターの吉田さまのリードを受けながら、撮影、取材はとても自然な姿で自分の想いを伝えることができたと思います。


何よりも、今回初めて、工房での撮影&取材でした。


これは本当に嬉しいことでした。その理由は、この工房をもっと多くの人に知ってもらえるきっかけになるからです。

ただ、工房ならどこにでもありますので、そこではなく、工房にいる職人の作業が見える。


つまり、自分の指輪を、誰が、いつ、どこで、どんな風に、どんな想いで関わっているかを知ることは、なかなかできないのです。

リングリレーという言葉があるように、手作り指輪はバトンの受け渡しで完成しています。


そこに、指輪の新たな価値を感じてもらえれば嬉しいです。


そして、読み手の方には、「こんな指輪の考え方があるんだ」、「指輪の見方が変わりました」って思って頂けたら幸せですね。

今回の取材に関する情報まとめ

A.C.T.Y plains ジュエリー職人ガッキーにも撮影協力していただきました。リンプラの手作り指輪を支えてくれる大切なパートナーです。ラジオ番組『ゆびわでありがとう。』1月のゲストとして出演しますので、こちらもチェックしてくださいね。


Webメディア

『ミニハピ!』のホームページ

http://minihapi.jp/


ライター兼Webディレクター

アーミッシュ研究家

吉田さんの活動

『Down to Earth アーミッシュの暮らし』

http://dte-amish.com/



RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。