Facebookページまとめ

婚約指輪の手作りが結婚指輪を上回る

リンプラ∞自分で作る婚約指輪・結婚指輪のFBページは、2013年4月25日から投稿が始まりました。それから約2年間、事あることに投稿してきました。今後の活動の中で出張を主体とした新しい形態の「手作り指輪」をするうえで、今あるものを見直しました。継続の是非を問いたのです。その結果、活動報告の場をHPに絞ることに決め、このFBページは閉鎖することにしました。これまで、投稿したものから時系列で抜粋しました。このまとめは、この約2年間のことが綴られた大切なものです。これからも、この想いをさらに実現していくために、そして道を外さないためにも、もう一度当時の想いを思い出して、これからの活動のエネルギーにしていきます。


FBページいいね!の数は545

【5月閉鎖のお知らせ(削除検討中)】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。

唐突ですが、このリンプラのFBページを閉鎖することに致しました。複数の理由があるのですが、大きな理由としては「更新」と「投稿内容」が負担になるからです。約2年間の思い出が綴られたこのページを閉鎖するのはとても悩みました…削除もまだ迷っていますが…今後は、HPを中心に情報発信していきます。

これまでいいね!を押してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

また、個人として飯田馨と繋がってもいいよという方は、お手数ですが、メッセージ「リンプラのFBページから来ました」と一言添えて友達申請していただければ幸いです。


レビューコメント

小林葵様<5つ星>

ワックスが徐々に指輪になっていく過程、出来た時の達成感、そして受け取り。是非実際に体験してみてほしいです。店主の飯田さんは一組一組のご縁を大切にしてくださいます。

中森学様<5つ星>

想いがこもった手作り指輪。 自分の気持ちを実際に形で表現できる点が素敵です!


【2015年4月23日:結婚指輪について】

結婚指輪のデザインを考えるのは、女性だけの作業ではありません。時に、男性が主導権を握る事もあります。それでも意見が食い違い対立することはあまりないようです。

自分たちのデザインを考えるのは想像以上に楽しいものだそうです。これまでは、あまり意識をしていませんでしたが、結婚指輪のデザイン=コンセプトの関係になっています。

打ち合わせでは自分たちが作るデザインを決めています。そのデザインの決め手は、ふたりのコンセプトにあります。だから、打ち合わせを大切にしています。

最近では、資料請求がないので、自然と最初に打ち合わせだけを行う流れが増えています。

これはとても良い傾向だと思います。遠方の方や日程的に時間のない方にとっては、打ち合わせと制作を1日で済ますことの方がお互いの効率を考えれば良いと思いますが、できる事ならば、その場の勢い(衝動)ではなく、じっくり腰を据える位の流れの方が、もっと感動も喜びも増やすことができます。

打ち合わせの後に方眼紙(宿題)を渡すのはこの為です。結婚指輪を身につけることに対しても、目的がなければ、満足感は得られたとしても、達成感は味わえません。そして、何よりその時間もふたりの思い出として指輪に刻まれるのです。

※手作り指輪を体験された方との会話で感じた事を綴りました。

【おまけ】

衝動買いならぬ衝動手作りはおすすめできません。来店前にしっかりと準備を整え、コンセプトも明確になって、ここで作りますって位なら構わないけど、そんな人はほとんどいないです(笑)

その場の勢いを利用しないから、成約組数とか成約率とか手作り指輪専門店と比較して断然低いはずです。そこにこだわりはなく、お互いの想いを大切にするカップルに出逢い、結婚指輪を必要とした時に、手作りを選んでもらえたかの方が遥かに嬉しいです。

最初は仕事で身につけないと言っていた男性が、完成した指輪を見て、体の一部のような感じです。身につけます。やっぱり手作りには不思議なエネルギーが宿るようです。


【2015年2月17日:最長は5時間】

こんばんは。ピュアリングプランナーの飯田です。

1階の路面店でありながら、浅草5丁目という立地のため、突然の訪問者は少ないのです。その中で先日の土曜日はHPを観てお伺いしましたと男性の方のご来店がありました。とても嬉しいことです。いきなり手作りするということはありません。最初にまず打ち合わせをします。手作りのことを中心にお話をします。また、これまで手作りされた方のエピソードもご紹介することもあります。婚約指輪であれば男性ひとりです。しかも、指輪が好きという方は少なく、むしろ自分は指輪をした経験がないですという方の方が多いかもしれません。男性にとっては、指輪はわからないことが多いのです。また、結婚指輪であれば、ふたりの足並みが揃わないと手作りができません。もちろん、足並みが多少合わなくても手作りする方法はあります。でもそれはもったいないと感じます。せっかくなら、手間隙に見合った価値を見出し、感じて欲しいと願います。

【手作りして欲しいから飾らない】

手作りの良さを伝えたいし、体験して欲しい。これがホンネです。だからと言って、制作無料体験のような安易な勧誘はしたくない。この表現は誤解を招くかもしれないですが、本当にお互いのことを考えるなら手作り指輪は廃止するべき。それは、教室の習い事のように中長期ではなく短期集中型であり、特別なものだからです。そうではなく、その方の疑問をクリアにすること、手作りで何をしたいか、手作りするとどうなるのかを伝えたいです。その上で、その方が作りたいデザインだったり、店の活用方法や制作方法などいろいろ面を考えながら、作る方が楽しくなること、自分が楽しくなりそうなことをご提案したいです。そんなことを考えて打ち合わせすると1時間では足りないのが現状でデザインを入れるとさらに1時間。方眼紙にデザインまで落とし込んだ方が最長の5時間でした。

【自分がイメージできないと中途半端に終わる】

方眼紙には自分で描いて頂きます。まずは、指輪の構造を理解して頂く為です。さらに3Dでイメージする必要があります。その理由は制作をスムーズに行うためです。指輪作りの難しいところは、道具の使い方でも、細かい作業でもなく、作りたい指輪のイメージが明確になっているかどうかです。イメージできる人は滑らかなやわらかい仕上がりになります。イメージができていない人は、凸凹で不格好な仕上がりになります。もちろん、得意不得意はありますが、凸凹や不格好を職人が修正すると、その人の削った跡は残りません。完成した指輪にその人が手作りした跡が残らないということです。それでも手作りしたことには間違いないのですが、その時間費やした努力の結晶はどこにあるのか…

【見た目ではわからない不格好】

指に指輪を身につけているとわからないけど、指輪をマジマジみると不格好な部分がわかる。上手くキレイにできた部分、不格好な部分も含めて愛して欲しいと思います。ハンドメイドはやめた方がいいという意見もあります。見た目にこだわる人は気になるでしょう。でも想いを込めて作った指輪だからこそ、その部分も味になると思うのです。寸分狂わず完成した手作り指輪は既製品と遜色が無い程で、逆に手作り感は少しくらいあった方が個人的には好きです。

【安い、簡単、早い】

手作りにはいろいろありますが、自分が体験して感じたことはこの3つは感動も喜びも軽いということ。その時はいいと思うし、満足できるのです。でも、時が経過すると薄れていくし、噛み締めるほどではないのかな。本当に良かったと思えるのは、時が経過しても指輪をみて、自分を喚起できる指輪。だから、この3つが主流でも、頑に自分の想いを貫きます。自分のみんなが削ってくれた手作り指輪をみてつくづくそう感じるのです。


【2015年2月13日:手作りは自己ブランド】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。

今日は新しい動画を作ったのでそのご紹介です。1分51秒の想いを詰め込んだ動画です。正確には自分の想いだけではありません。今回は手作りされた方の想いも込めました。これまでは一切HPでも紹介しなかった部分でもあります。ぜひ、ご覧いただければ幸いです。

ブランドとは…

ブランドとは、その名称から、企業や商品の価値がイメージできて、それが消費者に認識されること。そのブランドを通じて、顧客とのコミュニケーションを取れることが、価値のあるブランドとして認められる条件になります。しかし、美しく着飾るように、化粧を施すようにつくりあげた魅力てな言葉で期待させるブランドに本当の価値、つまり本質を見えにくくしています。

もしも、ブランドの定義を「自分にとって有意義な、魅力ある個性自分らしさ」そして「指輪を身につけることは有意義な、魅力ある個性自分達らしさを、手作りすること」ならば、語れる指輪である手作りは、まさに自己ブランドだと思うのです。

【気持ちの伝え方】

例え、どんな高価な指輪であっても気持ちが伝わるとは限らない。それは、アメリカのある研究機関が行った調査結果でも明らかになっています。そして結婚指輪よりも婚約指輪は特にその傾向が強いと感じています。婚約指輪を自分で手作りすることを選んだ理由に共通していることは、1つだけ。根底はこれしかないと思います。皆さんの言葉で言えば「気持ちを伝えたい」。その目的実現する手段として手作りがあって、制作する過程に想いを込める。だから、完成した婚約指輪に対して、男性は「自分が身につけたいくらいです」とか冗談交じりに愛着と自信を持ってくれる。最近では「ものを失くしやすい彼女でもこれなら失くさないだろう」と言う男性もいます。

婚約指輪を手作りできる店はリンプラ以外にも東京にある。ただ、ここでしかできないことがある。それを作りたいと考えている人が共感するか、しないかで、リンプラで手作りすることにメリットを見出す人はいる。他店で指輪作り経験した方に聞いたら「リンプラの方が作った満足感、達成感がある」と喜んでくださいました。まだまだ、そこを求める人達は少ないかもしれない。もしかしたら、宣伝広告活動をしていないから、リンプラすら知られていないかもしれない。

だから、思い切って(腹を括って)婚約指輪を手作りすることに抵抗がなくなる世の中。さらに、手作り婚約指輪が憧れになる世の中にリンプラが献身できればと考えます。


【2015年2月12日:新たなる決意】

2回目の確定申告を前に色々雑用に追われるピュアリングプランナー飯田です。そんな中、2014年を振り返るとわかったことがあります。それは、結婚指輪よりも婚約指輪のお手伝いすることの方が多かったということです。その理由として、検索キーワードによる優位性と他店では結婚指輪に絞ってHPを制作していることが大きな理由かもしれません。

【手作り婚約指輪で東京のオンリーワンになる】

手作りされた方のご意見の中には、「婚約指輪こそ手作りするべき」素直に嬉しいです。プロポーズは結婚を誓うだけでなく、それまでの気持ち、つまり感謝の気持ちとこれからもよろしくという意味が込められています。だからこそ、大切な人への想いを指輪という見えるカタチに込めるのです。

【婚約指輪の取得率そして必要性】

今の時代、婚約指輪の取得率は横ばい傾向にあります。しかし、以前として必要性については様々な意見が交差しています。ただ、歴史から振り返れば、婚約指輪の存在意義は現代へと受け継がれています。この先も無くなることだけは考えられません。

【気持ちを伝える】

手段や方法はたくさん選択肢がある中で、手作りは手作りの良さ、魅力があります。理念である感動と喜びを増やす。この理念実現できるのは手作りが最も相応しいというのが宝飾業界10年目にして出した答えです。

【リンプラはサプメンを応援します】

サプメンとは、サプライズ好きな男性を言います。最近の贈られた女性のご意見には、「まさか(彼が)手作りするとは思ってみませんでした」とプロポーズ以上にその行為に感動したという素敵な言葉を頂きました。そして、こんな時代の婚約指輪だからこそ、本氣で応援することを決断しました。


【2015年1月31日:ふたりで手作りする】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。

まずは、皆さまにお礼申し上げます!!本日いいね!が「500」を越えました♪何が嬉しいってページを開くたびにFBからあと少しで500ですお店の宣伝をしましょう!という営業広告が無くなったからです♪本当にありがとうございます!!

さて、本題です。ひとりで手作りする婚約指輪とふたりで手作りする結婚指輪は違う。でも、婚約指輪も結婚指輪も作り方はまったく同じ工程です。何が違うのかというと目的です。目的とはここではざっくりな表現ですが、想いを込めた婚約指輪や自分達らしい結婚指輪を『自分でカタチにする』ことです。

今ある手作り専門店は、目的よりも手段が大事。目的よりも過程が大事ということをアピールしているように思えます。もちろん、否定するつもりはありませんし、既製品より手作りに共感する人が増えることは純粋に嬉しいと思います。でも、もっと探求してくと、目的よりも過程が大事ということに「?」がつきます。

この過程とは、何かが始まってから、目的を果たすまでの期間を意味します。手段は自分で手作りする、そして、過程は指輪の原型となるワックス作りです。先程の目的を果たす為に、過程は大事であって、目的が達成できる店であることが存在意義の大前提にあって、手段よりも過程、過程よりも目的が大事だと、婚約指輪や結婚指輪を手作りされた方々から教わりました。


【2015年1月26日:NAVERまとめ掲載】

こんばんは。ピュアリングプランナーの飯田です。

本日、ブライダルジュエリー市場のリサーチをしていました。また、手作り指輪の動向もチェックしていたら…

なんとNAVERまとめに全国の手作り指輪の店が紹介されていました。東京エリアに下の方ですがRINPLAを発見!!

掲載に対して何も知らされていなかったのですが、紹介されていたので純粋に嬉しく思います。

2015年現在、東京には10店舗(実際はそれ以上)あります。全国にもここ数年で増加傾向。少しずつ手作りが認知されてきています。


【2015年1月20日:手作りを伝えたい人に出愛ます】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。

本日より新しい試みを開始しました。その名も「打ち合わせ請求」です。打ち合わせ請求とは、自分の私生活に合わせて余暇、時間に手作りの話を聞いてみたいという方を対象にしたサービスです。リンプラにはカタログがありません。そのため、他店のように資料請求ができません。資料を請求する感覚でご用命して欲しいと考えたので、打ち合わせ請求としました(笑)

制作は浅草の店で行います。ただ、打ち合わせだけなら、どこでもできるのです。「普段、浅草まで行く時間がない」という方もきっといるはず。喫茶店でもカフェでもレストランでも、天気のいい日なら公園でも。仕事終わりに最寄駅の近くのどこかで…過去に実績もあるので打ち合わせ準備は大丈夫♪広いスペースも必要ありません。

もちろん、そこにいく交通費も食事代も自己負担です。来店予約を強制したり、執拗に営業することもしませんから、ご安心を。純粋に手作りの魅力を直接伝えられたらいいなと思っています。

  • 東京23区、東京、神奈川、千葉、埼玉
  • 平日限定

【2015年1月19日:やる気スイッチ】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。

これまでは、自分が見える場所に飾っていました。それを打ち合わせでも見える場所にも飾っています。

でも、最初は気がつかないものです。ジュエリーデザイナーが描いた指輪のデザイン。いえいえ、違います。

ジュエリーなど普段はまったく関わりのない方たちのデザイン。指輪のデザインを初めて描いた方達のデザインです。そのことをお話すると、反応は2通り。

  1. やる気スイッチの入る人
  2. 後退りする人

後退りした人は、当然ですが打ち合わせで終わり、制作にはお越しになりません。また、やる気スイッチがその時は入っても、自宅に戻るとスイッチが切れてしまう人もいます。手作りは簡単ですし、難しい作業はありません。どちらかというと、地道な作業です。

高い山に登るのか、低い丘に登るのか。頂上で観る眺めは同じではありません。感動も喜びも違います。でも、登ったということはどちらも事実です。

わたしはアイデアは出しますが方眼紙には基本書くことはありません。最初からオーダーしたい方は別ですが、デザインを描いて頂くのは手作りされる方です。完成させるには、当然サポートする人は必要です。だけども、同じ想いをもった人が描いた方眼紙にはその時のエネルギーが宿っています。それを見るだけで気持ちが高まるのは、その想いに共感しているからです。その刺激が普段以上のエネルギーを湧き立ててくれます。

うまくできるか、できないか。不安はあるはずです。だからこそ、これは、「自分でもやればできる」とやる気スイッチを与えてくるひとつなのです。


【2015年:新年明けましておめでとうございます】

昨年中は、ご来店、ご愛願頂き、心より感謝、お礼申し上げます。

輝かしき新年を迎えるにあたり、理念である「感動と喜びを増やす」を活動の根底に邁進致す所存です。そして、今年のテーマは <手作りできる関係が『憧れ』になるです。

  • 夫婦円満
  • 商売繁盛
  • 安全祈願
  • 心願成就

大切な指輪を手作りすることで大切な人との幸福を実現するお手伝いすることがピュアリングプランナーの役割です。ブライダル業界、手作り指輪の中で、リンプラは小さな小さな存在でしかありませんが、理念実現を貫き、目先の利益や名声、権力、欲には縛られず、目の前にいる方の要望をしっかりカタチにしていきたいです。目の前にいる方の感動と喜びを増やすことなくして、手作り指輪の世界を創造することはできません。常識にとらわれる事なく、リンプラにしかできないことをカタチにしていきます!!本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2015.元日



【2014年12月19日:年内納品終了のお知らせ】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。

2014年の締めくくり「クリスマス」目前となりました。昨年より多く方たちのプロポーズをお手伝いすることができたことに、本当に感謝しております。みなさんから同じ感想を頂きます。「手作りにして本当に良かったです。」私にとっても嬉しい言葉です。でも、みなさんは「高価なものではなく、想いを伝えたい。」と言います。私はそれはちょっと違うと考えています。

「高価なものだからこそ、手作りをするべきなのです。」

どんなに素晴らしいダイヤモンドだろうと、それを支えるのは指輪です。それを既製品で満足するか、想いを込めて手作りしたいかの違いしかありません。それ以上に、売られている高価なものはいつでもいいですが、手作りはその時にしか作れません。その時の想いを指輪に刻むのです。これを価格転嫁することはできないです。作らされているのではなく、作りたいから作るのです。大切な人のために。結婚指輪も同じです。ブランドものを身につけたい気持ちもわかります。結婚指輪への「憧れ」はこれまでの時代の流れです。これまでも、手作りの良さを理解してもらっても、「憧れ」には勝てませんでした。それは仕方ないと思ってもいました。ただ、これからは活動の中で結婚指輪をふたりで手作りができる関係を「憧れ」としたいです。これは簡単そうでとても難しいことです。だからこそ、ふたりで手作りできる関係になったときには、そこから起こる感動と喜びを味わって頂きたいと思います。


【2014年11月30日:10年後も家族で観たいビデオレター】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。明日から12月。2014年もあと僅かとなりました。今年もたくさんのご縁を頂きながら成長することができました。本当に感謝です。

今回、遂にプロポーズプランナーの田中良洋さんとコラボする事が出来ました。以前からは何度か何かをカタチにしたいと語り、ある時自分の撮影した動画を見て、田中さんから「自分ならもっと良い動画を取ることができるので一緒にやりましょう!」と提案を頂きました。もちろん、おふたりのご協力もなければ実現することはできませんでした。想いと想いが結んだ動画となりました。

田中さんのミッションである『 愛の表現を、もっと自由に 』

リンプラの理念である『感動と喜びを増やす』

手作り指輪の魅力を実感してもらえたことへの喜びと、これまでにない動画を作って頂けたことに感動しました。

今後は、この動画撮影をコラボ企画として毎月1組限定で、結婚指輪を手作りするカップルを対象に完全オリジナルでご提案していきます。動画制作料金は4万縁(税抜)です。また、同時に動画のBGMとしてAYAKOさんの歌う「嬉し涙が止まらない」を挿入させて頂けることになりました♪それでは、完成した動画をご覧ください。


【2014年10月5日:期待感を楽しむ】

お互いの指輪を手作りし合ったふたり。完成した指輪も自分が作った相手の指輪だけを確認。その間は店の外で待つ。お互いのリアクションも見えないようにとの徹底ぶり。結婚式の指輪の交換まで、自分の指輪を見ない。この日までに、おふたりが決めていたルールでした。お渡しした後もおふたりの楽しみが続く素敵な物語だと思いました。

手作りは、デザインから考えることから始まります。既製品の指輪選びとは、視点は異なります。視点が異なるのでふたりの意識や行動も異なります。それはお互いにとって良い方向だと思っています。制作も然り。おふたりにとっては、既製品、セミオーダー、フルオーダー以上に完成した指輪への期待感は強いものでした。

さて、お渡しの際に動画を撮影させて頂きました。編集も終わり、おふたりへサプライズしたいと思います♪


【2014年9月26日:みんなのエプロン飾りました】

おはようございます。ピュアリングプランナーの飯田です。

昨日、開業以来、制作時に着用してもらっていたエプロンの腰回りの紐留め金具と生地が破れてしまいました。

同じエプロンは2枚あり緑紐は男性用、赤紐は女性用。これは緑色の男性用。

振り返れば、婚約指輪の制作もあり、自分も制作や撮影などで何度も着用したり、圧倒的に女性用より使用しています。

約1年3ヶ月の間の思い出がこのエプロンにあります。自分だけのエプロンなら捨ててます。

だけども…みんなに着用していただいたエプロンだからこそ捨てるには名残惜しい

そこで、飾ることを選択しました。飾るなら入口側。つまり誰からも見える場所。見えない場所では、もったいない。

このもったいない氣持ちは今は自分しか理解できないはず(笑)共有できたら、さらに喜びが増えます。

リンプラの店内は相変わらず宝石屋でも工房っぽくもないですが、さらに、エプロンでよくわからないかも。

それでも、ひとつ、ひとつ、リンプラにとって思い出のあるものが増えています。

何を飾るか。見せるものはもちろん大事です。でも、その価値を語れるものでなければ意味はない。

なぜ、飾ってあるのか。その価値を語れるものばかりが飾られた店にしたい。


【2014年9月21日:広報活動報告】

こんばんは。ピュアリングプランナーの飯田です。

今日は毎月通っている整体&エステの「一脊二調」にチラシを置かして頂きました♬

ちなみにエステではなく、整体です。施術していただいた後は安静に過ごさせて頂きました。

明日からまた“氣愛”入れていきます!!


【2014年9月3日:広報活動報告】

先月の8月23日行われた「イマを楽しむライブ」会場でチラシを配布して頂きました。

これまでは、インクジェットプリンタで印刷を行っていました。毎回、手配りできる位のチラシ。

今回は、氣愛を入れてチラシを新しく作り直し枚数も多かったので外注。

これまで、チラシを配るということをほとんど、自発的に行っていませんでした。

これを機になくなるまで広報活動をしようと決断しました。

本日は、YOHOさんにチラシを置かして頂きました。オーナーの加藤知津さんは、海員学校からの付き合いです。

場所は、神奈川県横浜市中区 宮川町2-55-1 ルリエ横浜宮川町1F

ひとりでもふらっと立ち寄れて、楽しめるお店です。

【ピュアリングプランナーからのお願い】

リンプラのチラシを置いてくださる店を探しております。ここなら、置いてくれそう、自分のとこに、置いて良いよ。チラシ配りを手伝うよ

などご協力できる方は、コメントもしくはメッセージを頂けると嬉しいです!!


【2014年7月30日:壁面に色愛を加える】

ピュアリングプランナーの飯田です。3日間諸事情により店を閉めておりました。その間、活動を通じて感じた事。

 『壁面の色』

現在は白色。例えば、壁面を全面一色で統一する。ピンク、オレンジ、グリーン、ブルーなど純粋に外から目立つし、ペンキ塗りも面白そうだから。きっかけは、ある店に刺激を受けてリンプラでもできるかな。やったら今よりも良くなるかな。喜ばれるかな。程度(笑)

 『最初のコンセプト』

壁面は関わった皆さんと一緒に完成させていきたいと思っています。それは今も同じ考えです。現在は手作り指輪のお手伝いをさせて頂いた方や自分が活動の中で関わった方たちの写真や印刷物を飾っています。どんどん、それらをたくさん増やして壁面を覆い尽くしたいという願いがあります。

『壁面に絵を描いてください』

そんなことを以前から言っています。ただ、なかなか実現しないのが現状で、自分がちょこちょこと描いたりしています(笑)最近は、打ち合わせの際にデザイン出しをした方眼紙と実際制作で使用した完成指輪デザインの方眼紙を飾っています。デザイン出しの方眼紙はたくさんの試行錯誤の跡が見える未完成なものだけども、これを眺めていると本当に嬉しくなるし、自分の伝え方は間違っていないと確信することもできる。なによりも、ここまで真剣に向き合ってくれる姿に感動する。絵やデザインが上手いとか下手とか関係ないと思っています。それを伝えるのが自分の役割だし、そのために自分をもっと高めようとも考えるし、妥協をする氣持ちも失せるのです。でも、基本は【イマを楽しむ】ことを提案することです。

『足下に色愛を加える』

やりながら考える。最後はカタチになる。写真は本日の結果です。さて、本日はこれよりチラシ作成します♪


【2014年7月22日:浅草駅から一緒に歩きませんか】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。

行動すると何で今まで躊躇っていたのだろうと思うことありますよね。それが今回の内容です。

ご来店予約を頂いた方へ“はじめて”のご来店の際には、浅草駅までお迎えに行きます。※申し込みの際の選択制にしております。

申し訳ございませんが、車ではなく徒歩です(笑)そのかわりに、プチガイド的なことを企画しております。

店までの道のりを心配しなくてもいいように。浅草の街を一緒に楽しく歩きましょう!

もちろん、打ち合わせしながらでもいいですよね。

折角のご縁で浅草へお越しいただけるのだからよりたくさんの思い出作りの場となれば幸いです。


【2014年7月15日:固定電話&FAX解約のお知らせ】

ピュアリングプランナーの飯田です。今日は、ついに…遂に…行動しました。決意してから約1ヶ月間、決断まで本当に恐怖と不安な気持ちは離れることがありませんでした。

店を構える=電話番号&FAXを契約する。さらに、電話番号ではなくフリーダイヤルにする。これが開業当時に描いた流れでした。それが一転して解約です。

【割高な解約金】

月々の通話料の節約にはならない。それどころか、解約に伴う割高な支払に驚いた。(笑)それでも解約する理由があった。

【ストレスを与える不特定な業者】

自分が繋がりたい人との連絡手段でしかない。セールスとか非通知とか本当迷惑だし、必要としていない。

【蒔いた種は自分で刈り取る】

電話番号を公表している限り、このサイクルは終わらない。手作り指輪を探している方の店への信用度が落ちるのはとても懸念しているけれども、この1ヶ月間の間に答えは見つかった。

【誰の意見を信じるか】

契約したのも、解約したのも、最終的には自分の責任。そういう意味では、解約は自分の意志で決断しました。

【これは前向きな大きな決断】

リンプラが目指す方向性は、開業当時と比べると理念ができたり、ピュアリングプランナーと肩書きを変えたり、根底に至福意識や純粋意識や自己愛の存在を伝えたり、刻々と進化成長しています。また、周りの環境そのものも変化しています。今回の件は、後向きではなく、前進するための行動です。


【2014年7月9日:あなたの色愛】

こんにちは。ピュアリングプランナーの飯田です。久しぶりにホームページを更新しました。

今回は、HOME(最初のページ)にある写真を更新しました。あえて、すべてモノクロ加工した写真にしました。

おそらく、ブライダルジュエリーを扱う店のホームページでは初でしょうね(笑)他の業種でもあまり見た事がないかもしれません。

これまでは、クリックするボタンの色、文字の色、写真からレイアウトまで、色合いは重視して作ってきました。

なぜ、モノクロにしたのか?

カラー写真は、現実に見えているもの。つまり、それを見て自分のフィルターを通して良いか悪いかの判断するためのものでしかない。そこでは、撮影技術や性能など表面的な差や加工装飾されているものもある。つまりは純粋なものは少ない。

それに対してモノクロは、自分なりに創造して色を描くしかない。時には、何にも感じないかもしれない。ここで気づいて欲しいのは『創造する』ということ。人は同じものを見ていても感じるものが違う。多くの人は、本来、鮮やかな色彩をカラー写真以上に生み出すことができるのです。

純粋なものであれば、表面的なものではなく、内なるものを見ることができます。リンプラでは手作りする方が主人公なのです。

自分らしい。自分達らしい。自分しか作れない。自分達しか作れない。世界にたったひとつしかない手作り指輪物語。

だからこそ、あなたの色愛で見て欲しいという願いが込められています。HPの写真の色愛は、あなたのフィルターの色になります。

さて、ワックスは何色に見えるでしょうね。お二人の手は、どんな色に輝いてみえるでしょうね。


【2014年6月27日:鋳造から出来上がってきた指輪】

まだ、指輪の下部に湯道がしっかりと残ってます。緑色のワックスから地金に変わりました。輝いてはいませんが、私には輝いて見えます。想いの重みやデザインにぬくもりを感じます。

過去にこの状態で納品して欲しいとの要望もありました。その時は、その斬新な発想と壮大な計画にとても共感しました。カッコよ過ぎです。ワックスを預かる先の流れは、ホームページで説明しています。教科書通りの当たり障りのない説明です。

裏方は、納品日に向けて複数の職人とやり取りしています。チームではありませんから、一つ一つ打ち合わせしていきます。そこで1番にあるのは、作り手の想いです。職人より細かい⁈業界ではOKで通じるからは、理由にならない。

結局、職人はあったかい心をもっている。だけど、これまであまりに業界が業者が職人に対して威圧してきた。だから、腕は良くてもやればいい発想がある。

時々、何度も衝突する。お互い理解するには、必要だと思う。本音で腹を割らなければ、通じない。もちろん、相手の意見も聞き入れながら、折り合いはつける。押し付けはしない。だからこそ、そんな些細な事と言われても、喰らいつく。

手作りして良かったと誰もが大満足してもらえるなら、妥協はあり得ない。でも本当、今組んでくれている職人に感謝しかない。完成した指輪との対面の瞬間は、本当に感動する。この瞬間は、職人は知らないが必ず報告している。そして、ありがとうを伝えています。

最近、お客様の声で私だけでなく、職人に対しても、ありがとうを頂きます。本当に嬉しいです。また、そうやって、自分が作った指輪にたくさんの方が携わっていると知る事で、更に愛着を感じてもらえていると思います。

感謝‼︎


【2014年6月20日:リンプラのリングケース】

想いを込めて手作りされた婚約指輪や結婚指輪。この手作り指輪にふさわしいリングケース。

ピュアリングプランナーの開業当時からのこだわりのひとつです。それは「リンプラ」のロゴが入っていないリングケースです。

せっかく、手作りを選択して頂いたのに対してリングケースは自店のものをお渡しすることに違和感がありました。自分でデザインして制作までして、指輪を入れる箱まで選びたいと思いませんか?わたしなら、選びたいですし、選んでほしいです!

基本数種類は店に置いてあります。これまで好まれた傾向のあるリングケースたちです。その時によって、同じ箱を集中的に選ばれるときもあれば、まったく選ばれないときもあります。好きな形や好きな色。内面のカタチなど。

そもそも、数人の意見の中にはつけっぱなしだから箱はなんでもいいということもあります。でも、選んでほしい。そこまで考えて欲しい。それがより想い出になるのです。

今回、こんなリングケースが欲しいとご要望されたのは色でした。

この色が①水色②オレンジ③エメラルドグリーンの順番は優先順位です。実は、この色合いは本当に皆無状態でした。水色はあることはあるのですが、素材は紙です。これはもちろん却下。

御徒町で知るところはすべて探し、最後の店で手がかりをつかむ事ができました。最終的には浅草橋へ。そして、見事①水色をゲットです!!しかもこのリングケースは生産中止されていて在庫があるだけ。これはその最後の1個でした♪もうこれは自分だけの引き寄せの力ではなくて、指輪を作ってくれた方やこの箱を作った方の想いすべてが引き合わせたという感覚になります。

【自分のことのように嬉しい】

これなら、喜んでくれる自信ありますね。自分が欲しいと思うくらいのリングケース。生産中止の理由は国産で手作りなので市場価格と合わないので注文が入らなかったらしいです。たかが、リングケースですが本当に嬉しい。

このリングケースに完成した手作り指輪を入れた時を妄想するだけでニタニタが止まりませんな(笑)


【2014年6月19日:手書きの手紙は嬉しい】

すっかり更新をご無沙汰しておりました。ピュアリングプランナーの飯田です。

本当にありがたいことに、手作り指輪のご紹介からご縁を頂いております。その方の想い。自分の想い。ご紹介者の想い。その方たちの周りにいる方。たくさんの想いを感じながら「感動と喜びを増やす」志事をさせて頂いております。こんな時は心を亡くして忙しいなんて言葉はあてはまりませんね。常にエネルギーに満ち溢れているから手抜きをしようなんて発想は更々ない。そもそも、本当に自分が好きな事なら手抜きとかおかしな話だ。こういうところは職人気質なのかもしれない(笑)

さて、先日一通の手紙が届きました。今回で2回目となった修学旅行生体験学習の中学校からの手紙です。毎回、といっても2校ですが(笑)お礼状を頂きます。

今回、それに加えてもう一通ありました。体験をした中学生さんたちの手紙です。手書きっていいですよね。それだけで伝わるものがあります。綴られている文章から何を感じてくれたのがわかります。5人で会話をしながらこの手紙をどんな想いで書いてくれたのかを、あれやこれや妄想しながら手書きの字を眺めると、微笑ましくなります。

今回のどんな話に興味を持ってもらえたのか、どんな話をすればもっと興味を持ってくれたのか、あのときこうすれば、ああすればとの気づきもありました。

この手書きの手紙はリンプラが成長するため大切な宝物となりました。ありがたく、飾らせて頂きます。

感謝!!


【2014年5月19日:ものづくり体験終了】

予定よりも15分早く到着した5名の生徒さん達。「実は道に迷ってお昼ご飯食べてないんです。」そんな会話からスタートした第2回目のものづくり体験。

前半は指輪の歴史、手作りの魅力、指輪の原型づくりといったテーマで、生徒さんに質問をしながらの進行。

とくに、婚約指輪と結婚指輪の違いとか、結婚指輪を身につける意味など、(当然だけど)学校では教えてくれない話をしました。

後半は、ワックスを実際に削る制作体験。一部分だけの工程を行います。道具はヤスリと紙やすり。みんな黙々と作業。沈黙の時間になります。各々のやり方で制作していきます。体験中に巡回で訪れた教員の方も黙々と削る生徒さんたちを見て感心!?

予定時間内に全員が制作体験することができました。「楽しいです」との感想も貰えて良かったです。

ただ、新しい課題も見つかり、次回はその点を修正します。といっても、次回はまだ未定です(笑)


【4月24日(木)~4月27日(日)4日間報告】

リングプランナーの飯田です。フィリピンのセブ島とレイテ島へ行ってきました。

『NGO団体のDAREDEMO HEROスタディーツアー』

現地に密着して貴重な体感と交流ができる本当に濃い内容のツアーでした。

動画は貧困層の子供の教育支援をしているヒーローズハウスでの様子です。

http://youtu.be/E9Nwelzv0UY

貧富の差を問題解決できる方法がある。ここでは、本気でその問題解決に取り組んでいます!子どもたちはわたしたちの希望の光です。だからこそ、正しい方向へ手を差し伸べる必要があるのです。

これからの時代は物質的な価値から精神的な価値へ移行していきます。それはわたしが扱う指輪も同じこと。今はまだ物質的な価値に満足感を得ているが精神的な価値が増えれば、手作りは注目される。

その中でも愛のある手作り指輪であることがもっと大事なこと。いろいろな面で学んだ4日間でした。感謝!!


【2014年4月18日:修学旅行班別自主研修無事終了】

リングプランナーの飯田です。本日、AM10時より2時間「自主研修」を開催しました。今回は3名の中学生の生徒さん。

事前研修内容は、2つ

  • 指輪の原型作りの説明
  • ワックスを削り作る作業体験

研修のねらい(一部抜粋)

  • 視野を広げる
  • 自主性・主体性に生きる力を養う
  • 人間関係を育む

ワックスを使った作業の中でこの研修のねらいも体験してもらえる内容にしました。説明も指輪の原型作りだけでなく、研修のねらいを含めた説明を補足しました。2時間の枠の使い方もまずまず。体験の感想も上々。私自身多くの気づきを頂きました。初めての研修を終えて、できるという確信を得ることができました。次回は来月開催予定です。


[3月29日(土)結婚指輪の制作]

今回も新しいことを試みながらデザインの打ち合わせと制作を進行させて頂きました。

不器用でちゃんとできるかとても心配をされていました。実際は、とても丁寧にひとつひとつ作業されていましたので安心しました。ちょっとしたコツもあるのでお伝えしました。

お二人ともHPやSNSなどの顔写真つきでのご紹介は恥ずかしいということでNGでした。なので、今回はビデオカメラの出番はありません。そのかわりに、お二人の持参されたカメラをお借りしてたくさん撮影をさせて頂きました。

婚約指輪は、彼女の憧れのブランドで選ばれたそうです。その経緯を聞きながら、結婚指輪は手作りにしたことの理由もお伺いできてとても参考になりました。

制作はお二人の希望どおり、この日で完成しました。最後は感動と喜びの中で終えることができました。

手作り指輪は、本当にどれもこれも素敵な指輪物語です。お二人が想いを込めて作った大切な結婚指輪。

これからしっかりと妥協なく完成させて頂きます!!感謝!!


【2014年3月17日:認定プレートを飾りました♪】

こんにちは!!リングプランナーの飯田です。

リンプラは2013年より「アトリエ化支援事業」、「台東区手作り工房マップ」に参加しております。

本日、「台東区アトリエ店舗」認定プレートが届きました!わざわざ、台東区役所の方がご来店されて手渡しです。とても嬉しいですね。感謝!!

プレートは鎖つきです。付属で金具もあり、取替えてスタンドとしても立てることができます。認定プレートを見た瞬間、すでにどこに飾るかは決めていました。外から見える場所以外考えられません。壁面もいいですが…やっぱり入口の“ここ”しかないです♪週明け早々嬉しい♪


【2014年3月13日:手作り指輪を選択するということ】

おはようございます!リングプランナー飯田のアシスタントの『こまち』です。よろしくお願いします☆

昨日、手作り指輪の打ち合わせに初めて参加させて頂きました。

彼氏さんからは「高いものは買ってあげれないから、思い出に残る手作り指輪を…」

彼女さんからは「私不器用だけど、一緒に楽しんでがんばろう?」

そんな自然なやりとりに、私はとても深い愛情と思いやりを感じました。

「素敵で優しいお二人ですね!」という私の言葉に、「手作り指輪を選択する方々はそんな人ばかりです(^^)」と笑顔の飯田。

時間も労力もかかる手作り指輪ですが、お互いを想う中での選択なんだなぁと改めて感じた昨日なのでした♫


【3月9日のイベント告知】

リングプランナーの飯田です。日曜日まだ予定のない人、デートする人、家族で出かける人、友達と合う人…井の頭公園へGO!!

今回のイベント、サンキューの日で伝えたいこと。井の頭公園特設ステージで開催します。

日頃は言えない想いを素直に伝える。

「ありがとう」

シンプルで誰にでもできること。だけど、ちゃんと伝えることは、なかなかできていないと思います。これはきっかけでしかありません。このイベント会場で「ありがとう」を伝えてくれた人の姿を見て、その感動が少しでも連鎖し、あなたも大切な人に「ありがとう」を伝えたくなる。

感動と喜びを増やす

その日、多くの人の笑顔の連鎖を生み出せることをイベントを通して願っています。

リンプラもこのイベントに協賛しています。リングプランナーとして当日は参加予定です。

ぜひ、会場でお逢いできることを楽しみにしております。


【2014年3月5日:左親指にはめる指輪には…】

リンプラ動画シリーズ、ご紹介は第4弾まで進みました。遂に文字入れまで来ました。どんな文字が入ったかというと…

  • 感謝
  • 感動と喜びを増やす
  • 『????』

以上の3つです。予想以上にたくさん入りますね‼ 伝えたい想いがたくさんある人も心配なさそうです。気になる3つ目は何でしょうか?答えは動画の中で‼ (中森)


【2014年2月23日:紹介頂きました‼】

真女(まじょ) 金井道子さんのFacebookページで、リンプラを取り上げて頂きました!

『より良い人生の為に、自分自身のエネルギーを自在に活用しよう』 そう願う道子さんにより、指輪にエネルギーを注入。リンプラ、パワーUPしています‼ (中森)


【2014年2月21日:リンプラの方向性を明確にした出逢い】

リングプランナーの飯田です。『感動と喜びを増やす』リンプラはこの理念実現のために。これまで、そしてこれからも活動していきます。ただ、これからはより具体的に活動をします。

なぜなら、昨日お逢いした方との会話の中で気づいたのです。手作り指輪の魅力を多くの人に広めたい。要は、やみくもにある道を進んでいました。『今ある指輪選びの概念を変える』これもずっと言い続けてきました。

概念のひとつ。以前の教えの言葉を使うならばブライダル雑誌やネット広告など刈取りの作業です。

今、あなたに必要という人たちを集めるツールです。それが良いとか悪いとか、そんなことを言っている訳ではありません。それしか選択がないことに、「おかしい」とリンプラは考えているのです。

今、婚約指輪の取得率は約半分と言われています。30年前は約85%以上でした。結婚指輪は現在98%素晴らしいです。素晴らしいですが、その98%が満足している指輪なのかはわかりません。結婚指輪の2本目を手作りした人からの意見からはそうではないと感じていますけどね。

これから危惧するのは、98%の人が本当に必要だと思わなくなったときです。取得率が減ることは、離婚率アップの要因にもなると考えています。いや間違いなく考えています。この98%の取得率の段階でリンプラにしかできないことをやります。リングプランナーとして、本当に愛を必要としている人、求めている人のお手伝いをします。これまでそれをしてきたから、リングプランナーならできます。先々は、必要と感じなかった人たちのお手伝いもします。

具体的な行動とは、“育てる”ということです。何で育てるかと言えば、口コミです。リンプラは、より口コミの力を活用していきます。正しい純粋な愛の力で広げます。そんなことができるのか?今のリンプラならできると信じています!

このFBページの広報の中森さんがいます!その他にも支えてくれる同志がいます。理念に共感し、協力してくれるキョウカンシャがいます。育てるとは、結婚の道具の一部になってしまった指輪。その指輪の本当の価値や意味を伝えたい。

これからともに歩む人生を決めたわけだから。幸せな家庭を築いて欲しいと願う。もう一度生まれ変わってもこの人と結ばれたい。キレイごとからもしれないけど、そんな家庭に生まれた子供は幸せだろうね。

まだまだ、話の続きはありますが本日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございます!

感謝!!


【2014年2月17日:動画第三弾は…無言?】

プロジェクト名も 『いわせてリングプロジェクト』 に決まり、型取りに移ります。今回は地道な作業が多く、どちらかというと "無言" 。指輪を作る作業は決して華やかな事ばかりでは無い‼ そんな舞台裏が垣間見れます。

さぁ、文字を入れて磨きあげましたが、その文字は何を入れたのでしょうか⁇ (広報: 中森)

【タウンページ届きました】

おはようございます。リングプランナーの飯田です。先週から広報として中森さんが投稿して下さっています。

今後は、ふたりでこのリンプラのFBページから多くの方へ、いいね!と思って頂けるようさらに精進していきます。あらためて、よろしくお願い致します。

さて、2月17日の週明けの月曜日。リンプラに1冊の郵便物が届きました。NTT東日本の2014年版職業別『ダウンページ』台東区版です。

ここにRINPLAは掲載されております。もちろん、固定電話を設置していれば掲載は無料です。当然と言えば当然のことなのですが(笑)初めて掲載されたことに喜びを感じています。その理由は、台東区の一員として名前を連ねたこと。そして、台東区、荒川区、墨田区のこの3区でリンプラを知るきっかけがひとつ増えたことです。

ただ、欲を一つだけ言わせていただければ…宝石・貴金属店のページにある店名『RINPLA』なんのお店かがまったくわかりません。『手作り指輪専門店RINPLA』と表記されたかったです。

このタウンページは店内にあるリンプラ文庫にて保管しております。


【2014年2月14日:イイ言葉ですよ‼】

広報の中森です! 動画第3弾です。『見せる指輪から、満たされる指輪へ』、いいですね‼ この表現。

"完成品を選ぶ" に加え、"自分の想いを文字で込める" 手作り指輪のポイントを見事に表現しています。

『そんな願いに共感して下さる方と、このプロジェクトを進めたい』 という代表: 飯田が名付けたプロジェクト名は…⁇答えは動画の中に‼

そんな広報: 中森も、リンプラ共感者の一人です


【2014年2月12日:リングプランナー、自分の事は…】

広報の中森です。動画第2弾は『自分の事は…(後回し?)』お客様が手作りリングで喜んでもらう様子を見ると嬉しくて、ただ自分の喜びが満たされると自分のリングを作る所までは気持ちも行かず、ついつい…我が子が幸せならそれで自分も幸せ‼ というお母さんと似てるかも⁉

でも、何か自分自身を象徴する様な手作りリングを作るならやってみたい‼ という事で、『ご縁』をテーマに作る事に。動画、ご覧下さい‼


【2014年2月10日:リングプランナー、自分の指輪を作る】

初めまして! この度リンプラの広報を担当する事になりました、中森と言います。手作り指輪の魅力を広める広報をします!

さて、『リングプランナー、自分の指輪を作る』についてですね。 えぇ、リングプランナーがする指輪は、やはり自分で考えたものでなければ!という訳で、『リングプランナーならではの自分の指輪』、制作風景を動画でレポートします。

★ まずは予告編★『なぜ今更自分の指輪?』

気になりますよね…。答えは動画の中で‼


【2014年1月1日:新年初投稿】

明けましておめでとうございます。

もっと手作り指輪を多くの方へ、喜びを。感動を増やす。人とのつながりに感謝して。熱い想いを込めて。手作り指輪の世界を一緒に創造する。これまで出会ったかけがえのない人たち。これまで支えてくれた人たち。感謝!!

2014年、「語れる指輪で満たされる」もっと手作り指輪の知名度を高めたい。手作り指輪の魅力を正しく伝えたい。本年もよろしくお願い致します!!!!

年賀状ありがとうございました♪リンプラにまたひとつ宝物が増えました。年賀状を店内に飾り終え、眺めてニタニタしてます(笑)

本日は午前中営業です。2日から本格始動します!!感謝・氣愛!!


リンプラの理念「感動と喜びを増やす」

【2013年12月31日:あなたもサプメンに参加しませんか?】

サプメンとは、『サプライズ好きな男子のことを言います。』リンプラで婚約指輪を作る方はみなさんサプメンです!!!

先日、ある方がこう言ってました。『この指輪作りを超えるものはない。』

みなさんにお伺いするとひとつ共通していることがあります。サプライズが好きってことです(笑)

これまでも、大なり小なりサプライズをされているのです。そこで、サプメン交流会もしくはサプメングループのような

コミュニティを作りたい。

サプメンがもっと増えたら、女性も喜んでくれます。

サプメンがもっと増えたら、個々のアイデアの引き出しも増えます。

サプメンが増えたら・・・ワクワクしませんか?

サプメンのてっぱんTVはこちら↓↓

http://www.rinpla.jp/婚約指輪-エンゲージリング/婚約指輪の推薦文/

*************************************************

リンプラでは手作り指輪をご紹介してくださる仲間を募集します!!

自分のまわりにいる大切な友人・知人の誕生日・結婚記念日・バレンタインデーなど、ギフトを探している方へ。「いわせてリング」をご紹介ください。

いわせてリングとは、大切な人へ普段言えない想いを込めて愛情の輪を自分で手作りする指輪のことです。

あなたも、わたしが体験した感謝の声を体験することができます。さらに、紹介された方の成約時には、良いことがあります。詳しくはコメントやメールでお問い合わせください。

info@rinpla.jp

*************************************************

想い伝わる“いわせてリング”

今ある指輪選びの概念を手作り指輪で変えます。大切な人へ「プレゼント」から「ギフト」の贈り物。一生記憶に残る想いを込める手作り指輪。


【 2013年12月11日:これだけは譲れない 】

リングプランナーとして、完成した指輪をお渡しした時の皆さまの「喜ぶ顔」、「ありがとうございます」という表情や言葉がとても嬉しくて、この手作り指輪を志事と決めました。

「手作り指輪」は、「見せる指輪から満たされる指輪」という信念で「作る方の想い」と「リングプランナーの想い」を共有します。

「本当に手作り指輪を選択して良かった。」

これこそが、満足度だと思っています。そこからどこまで満足度を高めることができるのかを常に意識しながら向上しています。それが手作り指輪の世界を一緒に創造することとなるのです。

リングプランナーの志事は、「手作り指輪」を介して「ふたりの心を繋ぐ」こと。どんなに高いお金を払っても、「心が繋がらなければ」その指輪には価値はないと思うのです。「作り手の心がひしひしと伝わる指輪」は、万金に値すると思います。

世界にひとつしかありません。

人間は決して「お金で買える贅沢」で満足するのではないとおもいます。「消費」が与えてくれるのは、「生活の豊かさ」であって「心の豊かさ」ではありません。「心の豊かさ」は、お金ではない「売り買い」ができないものです。

リングプランナーは「手作り指輪」を通じて「本当の豊かさ」をお客さまにカタチにしてほしいと強く願うのです。

「指輪を作り上げる」ことで「想いがこもる」指輪に触れ、「感動」や「感情」が一気に溢れ、「これからの生きる喜び」を指輪と共に生活する。自分自身を本当に満足させるのは「お金で買える贅沢」ではありません。「金額ではなく内容の熱さ」こそが大切なのです。

多くの「製品」がそうあるように、「指輪」にも「精神性」が宿ります。だからこそ「大切な指輪選び」を通じて大切な人との絆を深めたいのです。

リングプランナーとして心配しています。それは、手作り指輪が「販売店の心の熱さ」を失い、価格で勝負することです。手法を真似た『もの売り』には志などありません。これまでのジュエリー製品の多くは、小手先の「デザイン」を真似たヒットする商品販売方法でした。

「店を価格で選ぶ」

それを一番危惧します。今ある大切な指輪選びがこの業界を衰退させているとすれば、これからは手作り指輪で業界が盛り返せば、結果として社会に貢献ができるはずです。だから、手作り指輪にはそうなってほしくないのです。

人の心を熱くするのは、ただ一つ。より「熱い想い」だけなのです。

手作り指輪に「わくわくしない」と感じていらっしゃるなら、「リンプラ」へ。

店の規模や安売り競争では、他店に負けることがあるかも知れませんが、リングプランナーの「熱い想い」だけは、絶対どこにも負けることはありません。


【2013年11月25日:安心しました】

タイトルは、本日お客さまから頂いた一番嬉しい一言です。基本的には、お預かりしたワックスの指輪は、依頼通りに職人が修正します。修正後に、メールに画像を添付してご確認をして頂きます。その際、修正内容と気になる点をお伺いしております。鋳造後はデザイン変更ができません。デザインを変更するのは、この段階しかありません。とても大切なやり取りとなります。

ダイヤモンドの婚約指輪で、ティファニータイプのシャトンを使用する場合には、職人に依頼します。その際、作っていただいた指輪とのバランスは修正後の指輪とその方のイメージの一致もしくは不一致が重要となります。

基本的には、メールに画像を添付しています。ですが、画像と実際のワックスは異なります。大きさが違うからです。

今回は、気になる点で数回やり取りをさせて頂きました。そこで、わたしの方から新しい提案を致しました。修正したワックスをご覧頂くことを。

日程の問題もあります。ご来店が難しいのであれば、わたしからお伺いしますともお伝えしました。「実際に見てもらいたい。その上でもう一度一緒に決めていきたい」お客さまの大切な指輪です。想いを込めるために手作り指輪を選んでくださったのです。

手作り指輪を選ぶ方は、大切な人に想いをしっかりと伝えたい人です。

手作り指輪を選ぶ方は、婚約指輪に対して向き合っている人です。

今あるものでは、物足りないと思っているから、手作りを選んでくれました。だからこそ、わたしにとってここは大事なところです。

そして、ワックスの指輪をご確認して頂いた後に「安心しました。」とのお言葉と同時に鋳造依頼をお受け致しました。その他たくさんのお言葉を頂いたのですが、わたしは嬉しいです。

本日ご来店いただけたことに、感謝しています。

手作り指輪を選んで下さったことに、感謝しています。ダイヤモンドにこだわって下さったことに、感謝しています。お客様の推薦文にご協力して下さるお約束にも、感謝しています。ワックスを何度を眺めながら、打ち合わせの時の話や制作の時の話。

そして、これからのお話。

とても楽しい時間でした。完成を楽しみにされています。

これから、完成に向けて妥協なく指輪を仕上げます。テンション上がります♪


【2013年11月24日 想い伝わる「いわせてリング」】

相手にとって、指輪をもらうだけでも嬉しい事です。

さらに、その指輪が手作りだと知ったら、ワンランク上の感動・感激です。

「普段、あなたは感謝の気持ちを伝えていますか?」

あなたにとって、これまで支えてきてくれた人に。

あなたにとって、これから先もずっと一緒に過ごしていきたい人に。

あなたにとって、もっとも愛している人に。

あなたにとって、かけがえのない存在の人に。

言わせて。ありがとうを。

言わせて。愛していると。

言わせて。いつまでも傍に居て欲しいと。

言わせて…

大切な恋人へ。

奥様やご主人そしてお子様へ

誕生日・結婚記念日・クリスマス・二人だけの記念日・結婚式・2次会・送別会・バレンタインデー・ホワイトデーに。

育ててくれた両親へ

母の日・父の日・勤労感謝の日に。

かけがえのない親友や同僚へ

≪大切な人へ心を込める≫

身につけてもらえる≪カタチ≫で贈る。

あの頃は…渡すことができなかった指輪

あの時は…もう一度の指輪

あの時の…思い出の品を利用した指輪

あの時と…

「手作り指輪ならあなたの感謝の気持ちがしっかりと伝わります」

指輪は消えることない唯一無二の証です。

ブランド物のプレゼントではどこか物足りない…

もっとあの人を喜ばせてあげたい…

【 あなたにとって大切な人へ、普段言えない“想い”を込めて、愛情の輪を自分で手作りする 】

<手作り指輪の魅力>

大切な人の事を考えながら、自分で作ることで気持ちを込めることができます。

完成した指輪は、ぬくもりに満ち溢れ、最高の贈り物になります。

  • 私たちは、はっきりとしたプロポーズがないまま結婚しました。結婚記念日にもらった手作りの指輪はとても嬉しいですね。感謝の言葉も忘れません。指輪は毎日離さずにつけています。 
  • お互いにとって大切な宝物になりました。ずっと大切にしたいです。

過去から現在、そして未来へ

100組以上の手作り指輪をエスコートした経験から、世界にひとつだけの手作り指輪をご提案します。


【2013年10月4日:2013年台東区認定!≪ものづくり店舗≫RINPLA】

本日、またリンプラに新しい宝物が届きました!ここ台東区では、ものづくりを多くの方に知っていただくために作業風景の見学や、モノづくりの体験ができるアトリエ店舗を紹介しています。ちなみにリンプラの周りは、カバンや靴などの問屋が多く集まっています。

今まで知らなったものづくりの世界を紹介する台東区。そこに、リンプラも参加できたことはたいへん嬉しいです。このガイドブックはHPのお問い合わせにある資料請求をして頂いた方に一緒にお送りすることにしました。

興味のある方は、ぜひこの機会をご利用ください。


【2013年9月28日:効力や意味をもって指輪をつける】

これまでご紹介した≪指輪をつける指に効力や意味≫をまとめました。


★右手の親指

  • 指導力を発揮させる
  • リーダーとして風格をつける
  • 権威や行動力を持続させる

困難に打ち勝つ!強い心を持ちたい人におすすめです。


★左手の親指

  • 意志を貫く
  • 愛を貫く
  • 影の支持者を集める
  • 目的を実現させる

目標を実現させたい!夢をかなえたい!そんな高い志を持っている方におすすめです!


★右手の人差し指

  • 集中力
  • 行動力
  • コミュニケーション力

★左手の人差し指

積極性、活動的、自立心など自己能力の向上を願う意味があります。

  • 迷いが消え去り、積極的になれます。何かを始めようと思っている人にピッタリです。
  • 引っ込み思案で言いたいことをなかなか言い出せない、やりたいことをなかなか行動に移せない人は、自分の気持ちを引っ張ってくれるパワーを得られます。

★左手の中指

  • 直感力やひらめきの助けになる
  • インスピレーションが沸く
  • 人間関係が円滑にいく
  • 協調性が出る

★右手の中指

  • 自分の意志の力で行動したい時
  • 現実的なパワーが欲しい時。
  • 邪気を払う
  • 直感や霊感を高める
  • 独身女性は恋人募集中。
  • ギャンブル運のアップ

★右手の薬指

  • 創造性やインスピレーションを刺激する
  • 精神の安定
  • 感性を高める

さらに、指輪に【宝石】があると良い効果があります。右手の薬指に指輪をしている女性は「オシャレ」感覚でつけている人も多いそうですので、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。


★左手の薬指

  • 男女の愛の証
  • 恋人へ愛を誓う
  • もっと絆を強める
  • よりいっそう愛を深める
  • 婚約・結婚している証

言わずともご存じのように、婚約指輪や結婚指輪をつけます。また、意外に知られていませんが、片思いの成就のためという意味もあります。


★右手・左手の小指

右手の小指から【幸せ】が入り、左手の小指から去ると言われます。幸せを願い、幸せを逃がさないために左手の小指に指輪をして、せきとめるのです。また、小指は、「チャンスや秘密」の象徴です。


【2013年9月18日:今ある大切な指輪選びの概念を変えます!】

これまでは、国内・海外の既製品が圧倒的シェアを占めています。その次に、セミオーダー・フルオーダーといった自分だけのオリジナルが求められていました。わたしの扱う手作り指輪は、≪自分で作る≫ということをご提案しています。

大切な指輪だからこそ、手作りをする意味があります。

相手に贈るために、自分のために作った指輪を、つけるという行為と想いがこれまでには得られない価値があります。

想いを込めたい。自分らしいものを身につけたい。

初めての方でも、安心していただけるようにリングプランナーがあたなをしっかりエスコートします。

RINPLAは、あなたと一緒に創造する場所です。

婚約指輪や結婚指輪を自分で作るなら東京浅草RINPLA。手作り指輪に興味のある方もない方もこの動画で何か一つでも響くものがあれば幸いです。ブライダル専門店などのようにショーケースにたくさん並んでいる中から、婚約指輪や結婚指輪を"選ぶ"ことはありません。

『RINPLAでは、デザインの段階から、世界で一つしかないカタチを創造して、"自分で手作りができる"手作り指輪専門店です。』

初めての方でも、これまでの経験をフルに活かして、デザインから制作まで、安心して取り組めるお手伝いと共創の空間をご用意しております。おそらく、あなたはたくさんある選択肢に何か人と同じものではない、自分・自分たちだけの特別な婚約指輪や結婚指輪を求めていると思います。リンプラはその想いを叶える場所です。


【2013年9月4日:無料電話相談(スカイプ)】

『2013年秋』新しいこと始めます!プライベートでも使ったことがない《スカイプ》に挑戦します(笑)まだ不慣れなところもありますが、その点は大目に見てくださいね。

【リングプランナーの志事】

当初の自分の志よりも創造が大きく成長しています。手作り指輪を世に広めたいという『想い』は変わりはありません。

ただ、“絶対に”手作り指輪じゃなきゃいけない!とは思っていません。

なぜなら、手作り指輪で全員が幸せになれるとは思っていません。今ある指輪選びで幸せになれる人もいるのも事実だからです。『最終的に、納得して“選ぶ”のは自分の意思なのです。』

手作り指輪が世の中の“スタンダード”になるとは誰もが“選ぶ”という行為の中に選択肢として《ある》ということです。10人中10人が《自分で作る》ことを知っている世の中です。

最後に、この【無料電話相談スカイプ】を始めた理由。

指輪を選ぶのは長い期間で計れば“一瞬”の出来事です。指輪を身につけるのは“毎日”の出来事です。

リングプランナーは、《大切な指輪》選びで迷っている人の相談を一緒になって考え、その方がベストの選択をすることができるようにエスコートする志事人だからです。

※スカイプでの無料電話相談をご希望される場合には、メールもしくはHPのお問い合わせフォームからご希望の日とお時間をご連絡してください。


【2013年8月10日:検索キーワードで4位】

本日、当初の検索キーワードだった「手作り婚約指輪 東京」で4位となりました。5位の壁を超えることができました。「手作り指輪 東京」も4.5位。「手作り結婚指輪 東京」は10位外と苦戦中。

結婚指輪はビックキーワードです。結婚指輪の作品集がないRINPLAは、結構辛い思いをしております。何かよいアイデアやアドバイスがあればぜひぜひ教えてください。

話を戻しますが、1つ目標が達成されました。そこで、本日は達成した際に行動しようと思っていたことをします。

RINPLAでは、ワックス修正料金は3万円(税込)でご案内しておりました。これは基本制作費にあたるものと思って頂くと分かりやすいです。この度、RINPLAのキーワード検索において、「手作り婚約指輪 東京」で4位となったことでクリックされる確率が高まりました。

そこで、ワックス修正料金を2万5千円(税込)に本日より変更いたします。

これは、手作り指輪の店探しの選択肢に加えてもらうことが目的です。特に婚約指輪を手作りしたいと思っている人はRINPLAは間違いなくおすすめです。自分で言うのも恥ずかしいですが(笑)

リングプランナーとしては、彼女のために手作りしたいという熱い想いを持っている人を心から応援したいです。他の店と値段を比較して、リンプラは3万円だからやめようと思われたくないです。このワックス修正料金を値下げをしたからと言って、これまでのやり方を変えるつもりも、手作り指輪に対しても妥協は一切ありません。料金以上の満足度を感じてもらえるように、RINPLAを選んで良かったと思って頂きたいというのが願いです。

婚約指輪だけでは不公平なので、結婚指輪のワックス修正料金も2万5千円にしました。今後は、ベビーリングやリフォームの料金や2回目の手作り指輪の料金も変更を検討していきます。


【2013年7月7日:作るから創るへ】

創るという意味について「創」とは、「倉」+「リ(りっとう)」から構成された漢字。

  • 「倉」とは、その中に素材や材料だけではなくて、発想やモノづくりのイメージが蓄えられていることを意味している。
  • 「リ(りっとう)」は、刃物の象形から、材料や発想から「作る」という行為に至ることを示唆している。

「創る」とは、「作る」や「造る」という具体的な行為よりもむしろ、抽象的につくり出すことを意味している。

そして、創作と創造が、「創る」という意味を分化し、さらに統合した意味を持つ。一般的には、創造とは、神の行為であり、英語では、Creationと表現される。必ず、Cが大文字である。これはまさしくゼロからプラス的に創り出すことを総称している。

しかし、創作とは、創り出し、なおかつマイナス的に削り取ることで、モノの本質までを表現することである。一般的には、文章や絵画、書、映像作品などの創作活動は、いかに編集によって削り取り、その本質を創り出すかということが基本的な創る目標となっている。この創作活動と創造活動の差異性は十分に理解しておく必要がある。 

「創る」というのは、その発想やイメージから、オリジナリティのある表現物を創ることを意味している。つまり、ある結果や状態を生み出すというよりも、「作る」ことや「造る」ことのために、「創る」という抽象的な造作すべてを意図する言葉であると考えることができる。 デザインは本来、「創る」ための思考を尽くしていく行為であるという定義も可能である。

最初に、創造的発想により、さらに創作的に思考をまとめて意図化することがデザインであり、デザインとは創造と創作のための策略的行為であると定義することができる。  


【2013年6月5日:リングプランナーとは?】

 リングプランナーとは、婚約・結婚指輪をメインとした手作り指輪のプランニングをし、お客様のアドバイザー的な役割りも担う職業。具体例としては…

  • 作りたい指輪のイメージをお伺いしながら、自分で手作りできるように、デザインをカタチにするお手伝いを致します。
  • ワックスを削ってもらい、最後まで指輪を制作することができるように、制作図で工程や作業を説明をしながら、完成までお手伝いを致します。
  • ご予算に合わせて指輪代の調整を致します。
  • ご使用日に合わせた納品日までのスケジュール調整を致します。
  • 完成したワックスの指輪をお預かりの際に、お客様と修正要望内容をしっかりと確認を致します。
  • 各職人に修正、鋳造、磨き、石留め、その他加工を手配しながら、納品日までに妥協することなくしっかりと完成させる、指輪をトータルでプランニング致します。

 今後、追加していくつもりです。

※ウィキペディアのウェディングプランナー参考


【2013年4月25日:初投稿】

Rinpla(リンプラ)とはリングプランナーの略。リングプランナーは、造語です。

リングプランナーは、手作り指輪から誕生しました。手作り指輪とは、婚約指輪や結婚指輪など大切な指輪を、自分・自分たちで作ることができるものを指します。

これまでの指輪選びは、フルオーダー・セミオーダー・既製品に分けられていました。既製品とは、海外ブランド、国内メーカーで作られた指輪のことで、指輪選びの大半の方は、カタログを請求されたり、実際にお店に行ってみたりしながら、自分・自分たちの好みに合う指輪を選んでいました。

そこに新たな選択肢として、自分・自分たちで作る指輪をご提案を致します。

宝飾店でも、宝石・メガネ・時計でも、ブライダル専門店でも、どれにも属さない手作り指輪専門店を目指します!!

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話090-6475-5536にて、≪確認&予約≫をしてください。