プロポーズは地味派多数

12月はプロポーズをされる男性が多い月でもあります。その理由のひとつには、クリスマスがあります。昨今、テレビやウェブなどで大掛かりなプロポーズ企画やフラッシュモブなどのワッと派手に演出したプロポーズもあります。実際はすべての男性が行っているわけではなく、さりげなく地味でもしっかりと思いが伝わるプロポーズも選択をしています。

そこで今回は「ハデなプロポーズVS地味なプロポーズ」としてマイナビが20~50代の男女計300人を対象に「自分がする・されるならどっちがいい?」とアンケートを2014年11月に実施した結果をシェアします。


■ハデなプロポーズと地味なプロポーズ、あなたはどちらが好ましいですか?

  • 地味派…78.0%
  • ハデ派…22.0%

「地味派」が多いという結果になりました。華やかなプロポーズが憧れと思われがちですが、やはり実際自分がする・されるとなると感じ方が変わってくるようです。続いて男女別比率です。

【女性】

  • 地味派…74.4%
  • ハデ派…28.6%

【男性】

  • 地味派…90.4% 
  • ハデ派…9.6%

どちらも地味派が大多数を占めますが、女性の方が大掛かりなプロポーズに憧れ、また自分もそうしてほしいと願う気持ちがやや強いようです。続いて、「なぜそう思うのか」理由を尋ねてみました。

【地味派・女性】

  • 目立つのが嫌だから(29歳)
  • 恥ずかしいので嫌(22歳)
  • ハデってそこがピークっぽい(23歳)
  • リアクションが面倒くさいから(26歳)
  • その場で断れなさそうで困るから(22歳)
  • 心がこもっていれば地味で十分です(22歳)
  • 最近は派手なものが多いけど私は嫌いです(30歳)

圧倒的多数の人たちが、目立つことが恥ずかしいという理由で嫌がっていました。

【地味派・男性】

  • 派手だと失敗した時のダメージが大きいから(31歳)
  • 結婚後にそのギャップ感じる(26歳)

地味派の男性も多くが「恥ずかしい」を理由に挙げていましたが、女性と違うのはやはり「失敗したら目も当てられない。」これはプロポーズする男性ならではの悩み。全体の印象として、地味派の人は「地味が好き」というより「ハデが嫌い」と感じている場合が多いようです。

【ハデ派・女性】

  • 一生に一度だから(27歳)
  • 思い出に残るから(21歳)

この質問には回答を自由に記入してもらったのですが、多くの人が同じ言葉で理由を説明しているのが印象的。「一生に一度」と「思い出に残る」というキーワードをほとんどの人が使用していました。

  • 人生の節目であることを感じさせてほしいから(26歳)
  • みんなに祝福してもらいたいのと、大々的にされると断りにくいので成功すると思います(26歳)

【ハデ派・男性】

  • 楽しいから(31歳)
  • 思い出に残してあげたい(33歳)

ハデ派の男性は主に「単純に賑やかなのが好き」「彼女に喜んでもらいたい」の2パターンに分かれました。

また、「ハデ派」は「地味派」の方よりも楽観的な性格の人が多いようです。

ハデなプロポーズVS地味なプロポーズの結果は地味なプロポーズの圧勝となりました。どんなプロポーズをするかは、その人の性格が反映されるものですから、相手が喜ぶプロポーズを考えてみてはいかがでしょうか。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話090-6475-5536にて、≪確認&予約≫をしてください。