外側に満足感を求めないこと

婚約指輪(エンゲージリング)は、永遠の愛を誓う大切な贈り物(ギフト)です。

その婚約指輪選びの現状は…

一体、相場はどのくらい?どうやって選んでる?など、必要となって情報をインターネットなどから収集します。今回はマイナビによる独身男性読者224人を対象に行ったアンケート調査結果を基に綴りたいと思います。さらに、あるブライダルジュエリー店の“プロ”のご意見も合わせてご紹介します。


最初の質問は、「あなたがプロポーズするとしたら、婚約指輪(エンゲージリング)を渡したいですか?あるいは渡す予定ですか?」

  • 渡したい・渡す予定…70%

男性にとってジュエリー選びは、簡単ではない。そもそも、婚約指輪をどれだけわかっているのでしょうか?

続いて、次の質問は「エンゲージリングについてプロに相談するとしたら、どのようなことを聞いてみたいですか?」

  • 金額・相場感……159人(71.0%)
  • デザイン……93人(41/5%)
  • どの素材が良いのか……65人(29.0%)
  • 良いお店の選び方……43人(19.2%)
  • 流行……41人(18.3%)
  • はずさない渡し方……27人(12.1%)

※複数回答

金額・相場感が一番気になる結果のようです。また、女性の好みのデザインや素材選び、どこで買えばいいのかという問題もあるようです。


このアンケートからわかることは、表面的なところにこだわりがあるということです。

つまりは、外側から自分の好みにあう婚約指輪を探しているということです。根底になぜ?婚約指輪を贈りたいのかが明確にすることが大事な事ではないでしょうか??ピュアリングプランナーはその「なぜ」を手作りを通じて深堀します。これ以上のことはまた別の機会に綴るとして。


今回は、あるブライダルジュエリー店の“プロ”のご意見をシェアします。

創業60年のメーカー直営セレクトショップで、ピンクダイヤのコレクションや双子のダイヤモンドなど豊富な品揃えと充実したプランで、カップルのニーズにこたえている大先輩です。


Q.そもそも、なぜエンゲージリングが必要なのでしょうか。由来も教えてください。

A.「エンゲージリングの由来は諸説ありますが、古代ローマのプリニウスが鉄の指輪を婚約の誓いの印として贈ったのが最初とされ、その頃から結婚が決まると指輪を贈る習慣が始まったとされます。婚約指輪を渡すということは、男性が女性のためにこれからの愛を約束するという意志表示や覚悟を示すこと。贈られて嬉しくない女性はいないと思います。そう素直に考えて、頑張って愛する女性に贈られてはいかがでしょうか」


Q.エンゲージリングの金額の相場を知りたいです。他人より安いのも嫌だし、高すぎるのもちょっと…。

A.「相場は、贈る方の年齢や環境によってさまざま。10万円くらいの方もいれば、50万円を超える方もいらっしゃいます。ただ最近の傾向では、25万円から35万円程度をご希望の方が多いですね。でも、婚約指輪は愛を誓うためのものですから、あまり相場は気にせず、ご自身のできる範囲で気持ちを表せば良いと思います」


Q.エンゲージリングを選ぶ際のポイントについてアドバイスをお願いします。

A.「日本ではダイヤモンドの婚約指輪を選ぶのが一般的。まずは、デザインを重視するか、ダイヤの品質や大きさに重きをおくか決めましょう。そのうえでお店の方と相談しながらじっくり考え、後悔のないように選びたいものです」


Q.指のサイズを、相手に聞かずに知る方法はないものでしょうか? 皆さんはどうしているのでしょうか?

A.「サイズは、エンゲージリングを贈る際に最も高いハードルですね。女性が寝ている間に指に紙やひもを結んで調べるというのが、昔からのオーソドックスな方法。あるいは、女性が右手の薬指に指輪をはめている場合は、それを自分の小指にはめてみて、たとえば第2関節のところまで入ったとかでサイズを割り出す方法も。当店では、サイズがわからなくても、ダイヤをシルバーリングに仮留めしてプロポーズできるプランもあります。」


Q.普段、ジュエリー類に縁がないので、お店選びも難しいです。良いお店の選び方も教えてください。

A.「エンゲージリングは長い間お使いいただくものです。ですから、アフターサービスの充実はもちろん、メンテナンスを担当するスタッフの対応や雰囲気も大切。最近ではさまざまな特典やニーズに対応したプランを用意しているお店も多いので、それらをチェックして総合的に判断してはいかがでしょうか。エンゲージリングは一生に一度の買い物ですから、店員さんに強引に押し切られて後悔…ということがないようにしたいものです」


Q.どんな男性が指輪を買いに来るのですか?

A.「『どうやって渡したらいいですか?』、『予算があまりないのですけど……』、『彼女の指輪のサイズがわからなくて……』など、いろいろな悩みを抱えて来店なさる方が多数派です。まだプロポーズの日が決まっていないけど、心が決まったら取りに来ます。そう言ってお買い上げたいただいた男性や、サプライズで彼女を驚かす演出術を教えてほしいというお客さまも。映画のようにキザな男性でなく、みな、本当に普通の男性ですよ」


最後にプロのアドバイスとして「婚約指輪は、女性の一生に一度の憧れです。あなたも、これからの生涯を供にする女性の喜ぶ顔を見たいと思いのことでしょう。お財布の事情はあるかと思いますが、決意を形にして表すことには大きな意味があると思いますよ」


手作り婚約指輪屋

プロのアドバイスは、これまでの経験ですから非常に参考になります。ただ、ピュアリングプランナーもプロです。アドバイスの中には「???」ということも含まれています。これはお互いに言えることでしょう。なぜなら、経験値にないからです。

まず、悩みのない男性はいないということ。婚約指輪を贈りたい理由があること。

特に、なぜ必要なのか。という想いを共有することがお手伝いする側に必要だと思います。先程の『店員の強引な押し切り』…ありえませんよね。あるいみ、特典やプランも同等ではないでしょうか。

本当に大切なことは、とてもシンプルです。「それでいいんだよ」としっかりと伝えることが私たちプロの役目だと思っています。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。