相手に結婚を意識させるコツ

結婚願望はあるけど、相手がはっきりしないからと付き合っている期間は長いけど、ゴールできないカップルは多いはず。そこで今回は、相手に結婚を意識させるコツを紹介します。

 

はっきり言って、「結婚」を言葉にしてはいけません。そうではなく、結婚後の生活を想像して話すのです。例えば、通りすがりの子どもをみて「いいパパになりそうだよね」、「子育ては、~したい」や、旅先であれば「ハネムーンはこういうところに行きたい」とか、結婚を意識させるための…洗脳です。洗脳ですから、1回で終わることなく、コンスタントに言い続ける必要があります。ただし、相手がうんざりする程、しつこくしてはいけません。「あ~、この人と結婚したいな~」という意識の種を蒔く訳です。

 

次に、どういう家庭環境で育ったか聞きましょう。幼少の思い出の話は付き合っていれば聞くかもしれませんが、特に両親のことや兄弟のことを聞きましょう。そこには意外な一面や、実はこんなことを思っていた、という新しい発見になります。

 

最後に、相手が自分の家庭環境に対してプラス思考なら彼の両親がいう好きな言葉や行動を真似します。また、マイナス思考ならその逆の言葉や行動をするのです。自分の味方だと安心するし、大切にしたい、そして結婚を意識してくれるはずです。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話090-6475-5536にて、≪確認&予約≫をしてください。