リンプラのリングケースについて

リンプラでは、成約して頂いた方全員にケースをお渡ししています。

ブランド品ならブランド専用のものがあるのは当たり前になっています。

また、ブランドでなくても、お店のロゴがある専用のケースもあります。

つまり、店(売り手)が、ある程度のこだわりをもっています。

 

リンプラはこのこだわりの発想が逆です。

つまり、RINPLAオリジナルの専用ケースは作ることはしません。

RINPLAでリングを作ったというのは、まぎれもない事実です。

ただ、購入という言葉には違和感があるのです。

それに、作るということはその方のコンセプトがあり、想いがあります。

 

お客さまがデザイナーであり、クリエーターなのです。

だから、ケースもこだわっていいと思うのです。

ブライダルならケースは白!!!!!

 

普通そう思いますよね。

ウエディングドレスも今は白以外にもいろいろあります。

だけど、やっぱり王道の色があります。

 

ブライダルならケースは白

これも普通に沿うイメージがあります。

まさに純白

 

ケースの大きさは

形は

色は

など

 

どんなケースで贈りたいですか?

細かいことなのかもしれませんが、大事にしたいですね。

 

RINPLAではリングケースを数種類置いてあります。

その中からご選択をしたいただくこともできます。

こんなものが欲しいということであれば、ご相談ください。


想いを込めて手作りされた婚約指輪や結婚指輪。

この手作り指輪にふさわしいリングケースとはなんでしょうか。

ピュアリングプランナーの開業当時からのこだわりのひとつでもあります。

 

それは「RINPLA」のロゴが入っていないリングケースです。

多くの宝飾店やブライダル専門店がオリジナルの専用ケースをOEMしている中、あえてそれを行わずに市販されているリングケースを推奨しています。

 

その理由は、世界にたったひとつの手作り指輪にはそれぞれ物語がある。つまり、物語の綴られた指輪を入れるケースは表紙のようなもの。だから、それぞれの好みを選んで欲しいということです。

 

そもそも、手作りを選択して頂いたのに対してリングケースは自店のものをお渡しすることに違和感がありました。自分でデザインして制作までして、だからこそ、ケースまで選びたいと思いませんか?

わたしなら、選びたいですし、選んでほしいです!

 

基本数種類は店に置いてあります。これまで好まれた傾向のあるリングケースたちです。その時によって、同じ箱を集中的に選ばれるときもあれば、まったく選ばれないときもあります。好きな形や好きな色。内面のカタチなど。

 

そもそも、数人の意見の中にはつけっぱなしだから箱はなんでもいいということもあります。でも、選んでほしい。そこまで考えて欲しい。それがより想い出になるのです。

 

今回、こんなリングケースが欲しいとご要望されたのは色でした。この色が①水色②オレンジ③エメラルドグリーンの順番は優先順位です。実は、この色合いは本当に皆無状態でした。水色はあることはあるのですが、素材は紙です。これはもちろん却下。

 

御徒町で知るところはすべて探し、最後の店で手がかりをつかむ事ができました。最終的には浅草橋へ。そして、見事①水色をゲットです!!

しかもこのリングケースは生産中止されていて在庫があるだけ。これはその最後の1個でした♪

 

もうこれは自分だけの引き寄せの力ではなくて、自然とその想いをもった方々と引き合わせたという感覚になります。【自分のことのように嬉しい】これなら、喜んでくれる自信ありますね。自分が欲しいと思うくらいのリングケース。生産中止の理由は国産で手作りなので市場価格と合わないので注文が入らなかったらしいです。

 

些細な出来事かもしれませんが、わたしには本当に嬉しい。このリングケースに完成した手作り指輪を入れた時を妄想するだけでニタニタが止まりませんな(笑)


RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話090-6475-5536にて、≪確認&予約≫をしてください。