ギリシャ神話の指輪物語

ローマ神話に出てくる指輪の物語を紹介します。

 

神々の王であるゼウス

ゼウスの息子であるヘラクレス

そして、今回のキーマン。人類を作った神のプロメテウス。

 

プロメテウスはゼウスからの命令で人間たちの像を作った。

その像に女神アテネが息を吹き込んで誕生したのが人類です。

 

自分が作った人間たちをプロメテウスは愛した。

ときに、神ゼウスの怒りに触ることもした。
しかし、ゼウスの目を欺いてはその行為を繰り返した。

 

ついに、ゼウスは完全に怒ってしまう。

プロメテウスをコーカサス山に鉄の鎖で繋ぎ、大鷲に彼の肝臓をついばせるという罰を与えた。しかし、不死の神である彼の肝臓はすぐに治癒してしまうので、死ぬことはできず苦痛の拷問だった。

 

それを知ったヘラクレスが、拷問を解放するようにゼウスを説得する。

交換条件として、プロメテウスに「ゼウスに対する絶対的な服従の誓い」

をたてさせた。奴隷と同じ意味合いをもつ全的な服従だった。

 

その証として、繋がれていた鉄の鎖を使って、指輪を作った。

指輪は、「隷従の誓いの証」としてはプロメテウスの指にはめられた。

 

これがギリシャ神話の指輪物語です。

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。