緋銅メガネホルダー


~この作品を作るきっかけ~

2018年5月に三省堂書店神保町本店で開催されたフェアに参加を決めた時に考えました。

これまでも、どこかに緋銅の作品を出展する度に、新しい作品を作っては発表の場にしてました。

書店に関するアイテムを考えていましたが、緋銅の栞は過去に制作しておりましたので、何か新しい作品に挑戦しようと考えていました。

最近では、男性の方から「普段はアクセサリーには興味はないけど、緋銅は欲しいと思いました。」という意見もあり、男性も普段使いできる緋銅のアイテムを考えました。

 

そんなとき、ある人の一言がきっかけになりました。

『メガネホルダーってあんまり気に入ったのがないんだよね。』

そうだ、緋銅でメガネホルダーを作ろう!

緋銅は、江戸時代の頃に武具の装飾に使われていたと言われ、調べてみると刀の鍔の装飾に使用されていたことがわかりました。

モチーフは刀の鍔で決まりました。

早速、試作してみると、そこには大きな問題がありました。

真ん中に開けた穴に炎が通り抜けてしまうのです。

さらに、それをクリアしても見極めのタイミングが難しく、熔けてしまったのです。

最初の火入れでは、作品は全滅でした。

毎日着用して検証

メガネホルダー着用

この作品(表面に色ムラあり)を毎日自身でも着用して検証しています。現在までのところ、実用性が高く、かつ、普段の服装にも合わせやすいので、気に入ってます。また、初めて革紐を採用。素材選びからこだわり、今のところ満足しています。

 

~この作品を身につけてわかったこと~

・メガネを必要としている人(外さない)には、利用は難しい。

・PC、スマホ用メガネ(自分)、サングラス、老眼鏡などを利用している人には、喜ばれる。

・シャツの襟など服にメガネを引っ掛けている人には、服を傷めることがないので、オススメです。

・どこに置いたか忘れやすい人に、オススメです。

・紐の長さは80cmあるので、男性でも被れます。

・長さは調整できるので、服装に合わせて、トップの位置を変えることができます。

・街を歩いていると、注目されるときがあります。

・どこにも販売していないので、レアです。

・生成りの革紐は、使っていると良い色味になります。

・男女兼用でプレゼントにも適しています。

・服装に合わせやすい。

最初は慣れない感じはありましたが、今では抵抗なく身につけて楽しんでいます。


緋銅メガネホルダー

銅サイズ:縦・横36mm 厚み1mm

穴サイズ:縦16mm 横8.7mm

紐:生成り鹿革(長さ80cm)

¥13.500

緋銅メガネホルダー

銅サイズ:縦・横30mm 厚み1mm

穴サイズ:縦15mm 横8mm

紐:生成り鹿革(長さ80cm)

Sold out

緋銅メガネホルダー

銅サイズ:縦・横36mm 厚み1mm

穴サイズ:縦17mm 横9.2mm

紐:生成り鹿革(長さ80cm)

¥8.800


感想

私(飯田)は、メガネを置いているのを忘れて、踏み潰して壊してしまった経験があります。でも、「メガネを外したい、でもケースは持ち歩きたくない。」「ちょっとだけ、メガネを外していたいが、置き場所に困る。」などの悩みは、このメガネホルダーがあることで解消されました。こんなに使い勝手が良いとは思わなかったし、もっと早く知っていたら使ったのにと思うくらいです。あまりオススメはしないのですが、これはオススメしたくなる作品です。

 

ただ、唯一の欠点と言えば、勢いのある行動(急に席を立ち上がったり、走ったり)をした時は、メガネが抜け落ちる確率が高くなります。そのような状況の時には、まずメガネをホルダーから外してください。

 

緋銅メガネホルダーが雑誌で紹介されました! …という夢を見るくらいに、この作品を気に入っています。 これを機に、一緒に緋銅メガネホルダーデビューしましょう!

RINPLA

手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00

携帯電話

090-6475-5536

 

ご来店の際には事前にご予約ください。メールまたはお電話で問い合わせ・ご予約をお願いします。