I♡手作り指輪


・はじめに ~なぜ手作り指輪なの?~

「大切な人へ想いを込めて、自分で指輪を手作りする」

多くの人は、この言葉を聞いて、肯定的に受け入れてくれます。それは、その行為に理屈を超えた共感が持てるからです。実際は、未経験、知識がない、センスがない、手先が不器用など、手作りする不安や抵抗もあり、それらを超える情熱、やる気が必要不可欠です。現在は、婚約指輪や結婚指輪のブライダルが多いですが、カップルや夫婦、家族など、特別な記念日に手作りする色々なアニバーサリーの物語を創造することができると確信しています。

 

21世紀は、様々な情報化技術が発展し、モノと情報の垣根が無くなろうとしています。インターネットが生活に浸透するにつれて、実際に行動することなく様々な視覚情報が手に入るようになりました。また、パソコンや携帯、スマホの普及は、字を書いたり、会話をする機会は減り、生産性の向上、時間の効率化など求めるようになりました。これまで以上に情報が増えたことで、視覚・聴覚を使うことが増えています。反面、触覚を使う機会が減っている状況は、少なからず私たちの人生において悪い影響を与えているのではないでしょうか?

 

赤ちゃんは、五感の中で早く発達するのは触覚です。「触れる」ことで、外の世界との関係を学びます。成長につれて、視聴覚的な記憶が中心にはなりますが、触覚が基盤となることから、人間の感情を生み出すのは「脳」ではなく、 皮膚や腸などの内臓と言われます。また、身体性認知科学では、触覚が人間の意思決定や心の在り方に影響を及ぼしていることが確められています。さらに、触覚が気持ちや判断を変えるだけでなく、物事を深く理解するためにも必要だとも考えられています。

 

プロポーズ、婚姻届け、結婚式、新婚旅行など、単に記録を残すだけなら、写真、動画など代替するものはあります。指輪は身につけることで、安心、自信、信頼など相手に受け入れられているという感覚をもたらし、毎日私たちの心を支えてくれる役割があります。また、自分の存在を深く認めてもらいたいという願いがあるので、指輪に唯一性や個別性を求めます。指輪を眺める度に、当時の感情や記憶を思い出すことができます。相手のことを想いやることができたり、相手の存在に感謝することもできます。

 

手作り指輪は、性格や金銭とは別の感情で視覚・聴覚よりも、触覚を通じて自分の価値観を証にした自己表現なのです。自分の想いがいかに純粋で本物であるか、何物にも変えられない証を、自分で手作りしながら実感し、心の深い部分で繋がれることを、理屈なしで理解しているのかもしれません。これからの時代に必要とされるのは、触感を使った体験と物理的な実感を得ることができる手作り指輪であると確信しています。

コンセプトマリッジリング&エンゲージリング

手作りは、想いや心を込めることができるので、自分の分身と思って手作りにしました。(Y.I様)

プランニングの流れ

 打ち合わせ ⇒ ワックスを使った原型制作 ⇒ 修正依頼&鋳造開始 ⇒ 完成&納品


創る人を増やす

リンプラでは、指輪の原型となるワックス(ロウ材)を、自分の手で制作します。

大切なことは『デザインと原型創作に打ち込める環境や夢中になれる状況』です。

手作り指輪を体験された方々の意見が集約されています。


打ち合わせ風景

◆ モノを買うときこそ、こだわる…本当に本当に必要なものかを考える力を与えてくれる。

◆ 豊かさとは…人と比べることもなく、モノに感謝する気持ちとも言える。また、何が大事なのか、何が本質なのか、自分に問いかける癖ができる。結果的に、自分にとって質のいいモノだけを残すことができるようになる。

◆ 身の丈に合った生活を取り戻し、創造的に生きる…身分相応ではなく、自分が本当に大事で必要なモノを持つことに自信を持つこと。これは、他人の目線や世間の価値観に流されない生き方です。


ブログ

RINPLA

田流派手作り指輪工房RINPLA
〒110-0016

東京都台東区台東3-3-1 2F

受付時間 10:00~21:00
※木曜日 10:00~16:00

携帯電話

090-6475-5536

 

定休日なし。工房不在あり。お問合せやご来店は、事前にメールまたはお電話にて、≪確認&予約≫をしてください。